父へのバースディカード

d0208226_20491090.jpg

今日は、4年前に亡くなった父の誕生日。

母からこんな画像が送られてきました。
母と一緒に住む甥っ子が、父のためにこんなカードを描いてくれたそう。
よく見ると『いつまでも元気でね』と、書いてある。
これはきっと『天国で…』という意味かな?
なんとも微笑ましい。

彼はとてもおじいちゃん子で、父もとてもかわいがっていたので、父はさぞかし天国で喜んでいることでしょう。
ガンに犯された身体でも、甥っ子が「じーちゃん、野球しよう」というと、できる限り相手をしていた父。
散骨の儀のときに、突然せきを切ったように泣き出した甥っ子。

私はザンネンながら親不孝者で、イタリアなんぞに移住してしまったので、子供たちとそうそう会わせてあげることもできず、甥っ子姪っ子とのような深い絆を持たせてあげることはできなかった。

でもきっと、父のことだから、天国からは公平に見守ってくれていることでしょう!

あ、そうそう。
高齢出産でチビを生んだとき、父がいった一言。

「ぼくも、母親がおまえと同い年のときに生まれた子。小さい頃は、母親とはこんなものかと思っていたが、大きくなって、友達の母親を見るようになったとき、ええ?母親って、こんなに若くてきれいなものなのか!と唖然としたもの。若い母親たちと一緒にいる母を見て、母というよりまるでおばあちゃんのようで、内心恥ずかしい思いをしたことがある。だからおまえは身だしなみをきちんとして、せいぜい、子どもたちの為に若さを保つよう努力しなさい」

おっと、いけない!
最近忙しくて、ろくに化粧もせず、幼稚園の送り迎えに行ってました。
天国からのお叱りの声が聞こえる〜。
気をひきしめよう!

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-02-21 20:56 | 毎日
<< 無事、帰還? マヨルカ陶器 ヴィエトリ スル... >>