サンタモニカ チャリティーコンサート&バザー

おかげさまで、チャリティーコンサート&バザーは大盛況でした〜!
d0208226_3565652.jpg

バザーには、本当に、想像以上にたっくさんの日本人の方々にご参加いただいて、食べ物類から小物類まで、実に多くの品物がテーブルに並び、テーブルも足りないくらいで、まずは嬉しい悲鳴!

ああ、でも、もしこれで、お客さんが全然来なかったら皆さんに申し訳ない、どうしよう…!と胃が痛くなったのもつかの間、開場と共にどど〜っとお客様が来て下さって、会場内はてんやわんやの大騒ぎ。
d0208226_403793.jpg

d0208226_413482.jpg

d0208226_4362995.jpg

d0208226_427521.jpg

d0208226_4283099.jpg


時を同じくして教会内では、滝川啓子さん、福田菜季さん、ピアニストの中山ゆかりさんが見えて、コンサートのリハーサルが始まり、私は、あっち行ったりこっち行ったり、ハラハラドキドキ。

私、ホントは、こういうの仕切るような性格じゃないんですよ、マジで。白状しちゃいますけど!

バザーは大盛況のうちに終わり、続いてのコンサートも、しっとりと、とてもいい感じで終わりました。これが急ごしらえのコンサートとは、とても思えない。(いきなり私があいさつするハメになって、へったくそなイタリア語で、わけわかんないことしゃべりくって、これが最大の汚点でしたが…)
d0208226_422473.jpg

滝川さんも福田さんも、それぞれ個性をお持ちのすばらしい歌声で、華を咲かして下さって、ピアニストの中山さんも、本来はすばらしいピアニストでおありのはずなのに、今回は伴奏に徹していただいて、皆さん、それぞれ本当にがんばっていただきました。
オラトリオの人たちも含めて、イタリア人たちも皆心からカンゲキしてました。

そんなわけで、昨夜は、興奮冷めやらぬ想いで、大満足でベッドに入ったのですが、今朝目が覚めてみると、ああ、なんでもっと、お手伝いに駆けつけてくださった方々ひとりづつに、きちんとごあいさつをしなかったんだろうと、悔やまれて、悔やまれて。

いきなりどど〜っと人が来たので、何がなんだか、わかんなくなっちゃったんですよね。ごめんなちゃいね、皆様。そうこうしてる間にカナレ10(地元のローカルテレビ?)が、取材に来たりで、いやだといったのに、マイクの前にたたされて、ここでも赤っ恥かかされて…トホホ。

こんな感じで落ち込んでいる間に、今回バザー隊長を勤めて下さった後藤知美さんが、集計と共に(スミマセン、本当は私がするべきなのに、明日日本に立っちゃうもんで、銀行にいけないので、彼女にお願いしてしまいました)こんなメッセージを送って下さいました。
これは、私の気持ちをも代弁してくれているようなメッセージなので、許可をいただいて、ここに掲載させていただきます。


バザー、募金、コンサート…準備に追われている間は、大丈夫かな?ちゃんと人が来てくれるかな、などの不安もありましたが、お天気良好、人の山…(何がなんだかわからなくなっちゃったくらい…)大反響の大成功に終わって、受付・募金コーナーでも、来場者の方々から慰安の心情を伝えられて感謝し、教会・オラトリオの皆さんが頑張ってくれたコンサートも素晴らしい、『共生』を訴える感動的なものに締めくくられ、こんなに人々の温情に心が救われるなんて。
 
昨夜は、 自宅へ帰ってどっと疲れておりましたが、集計をきちんとし直しました。 ボランティア精神旺盛の夫にも手伝ってもらって(お水やら、外で遊ぶ子供たちの安全監督をお願いしていたので、重複する荷物運びで疲労感もいっぱいでしたが)お金を数えなおしてもらいました。今朝も早朝からお仕事へ出勤してます…。

月曜は車が午後遅くまでないため、火曜日朝一番での振込みとなりますが、ここで、募金総額とその内訳をお伝えします。
 
教会コンサート 1,050.00
募金(受付で)1,077.56
バザー    3251,66
===============
合計     5,379.22ユーロ
  
皆さんの温かな寄付により,このような大きな成果がでました。
感無量!ですね。
 
準備に追われたり、連絡や知人・友人への宣伝・メールでの呼びかけ等、本当に大勢の人の協力がなければ、ここまでの素晴らしい成果はなかったでしょう。

サンタモニカ教会のオラトリオの皆さん、オスティアの町の皆さん、ティボリやカステッリ、サンタマリネッリ、ラディスポリ、それからフィレンツェからまで…友人・親戚のみなさん、そのまた友人、人の絆の大切さを見た気がします。そばで支えてくれた夫たちにも、こまごまとした協力をしてくれた子供たちにも、感謝です。
 
大震災で、今この瞬間も苦境の中で生きている人たちにも、復興するにあたって大きなエネルギーを注いでいかなくてはならないと思うのですが、しかも長〜いスパンで。
きっと、こんな素晴らしい人の絆があれば実現していけるのでしょうし、これから頑張っていってほしいですね。
皆さんから寄せられた、震災している人へのメッセージは、簡単な記録と合わせて、一番ふさわしい場所へ郵送できることを考えています。
 
長くなりましたが、参加させていただけて本当に感謝しています。
私からお誘いさせてもらった人たちは、今回のバザーへの賛同を心待ちにしていたように、終わったあとも、心に大きく残るものとなったようです。みんなの表情が心に染みています。
オスティアで呼びかけにあたった皆さんへもよろしくお伝えくださいませ。
 
お疲れ様でした。振込み後、報告だけさせいただきますので、よろしくお願いします。
 
                頑張れ、ニッポン。後藤知美

d0208226_452338.jpg

(実は、この集計をいただいたあとに、「きのうのコンサートには来れなかったのだけど、ぜひ募金したい」という友人が、わざわざ我が家に来て、50ユーロを渡してくれました。
それも入れて、総額5429.22ユーロです!

他にもいろいろな方からメッセージいただきました。
本当に、ありがとうございました&お疲れ様でした!

でも、皆さん!これで終わりじゃないですよ!支援は末長〜く続くのです。そして、暖かい手が必要なのは、広い世界中で日本だけじゃない。そのことも私は、心に強く刻んでおきたいと思います。

写真提供は、後藤さんの下で、バザー活動には慣れないながらも、オスティア支部をまとめて下さった、荒川知美さんのご主人様です。ありがとうございました。
(お写真がのせられなかったテーブルの方、ごめんなさい!)

ご参加下さったruggineさんのブログも、ご覧下さい!いろいろお写真のってます。

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-04-04 04:13 | お知らせ
<< 日本滞在記 ちょっとお休み La fest... >>