ガラス作家 林久美子さんのステキな作品たち

d0208226_19353460.jpg

私はときどき、こういう失敗をおかします。
初対面の方とずーずーしくも軽々しくお話しして、後から、「うわっ!ヤバい!著名な方だったんだ!」と気づく…。
今回も日本で、三越さんでのフェア開催中にやってしまいました。

休憩時間、ふらりとよった5Fの一角で目にした、というより目に飛び込んできた展示会『光と風の器展』。まさしく風を呼び寄せるような、さわやかなガラスの器の数々。
その色合いのなんてすばらしいことか。(写真の色は、いまいちでごめんなさい!)いろいろな色を使ってあるけど、決してゴテゴテしていない、見事な色彩。そしてなんともカワイくて、しかも優雅な絵柄。
思わず足を止め、見入ってしまいした。白いラインで絵柄を浮き立だせているものもあって、どれもこれもため息がでるくらいステキ。
d0208226_193630100.jpg

d0208226_19373412.jpg

d0208226_19384225.jpg

で、置いてあった絵はがきを失敬し、近くで三越の店員さんと雑談してらした女性に「あのぉ、作家さんは…?」と聞くと、まさに彼女がこれらの生みの親、林久美子さんでした。
雰囲気のあるステキな方で、ちょこっとお話しさせていただき、そのときはそれでお別れしたのですが、帰りに偶然階段の踊り場でお会いして、またおしゃべり。

その後は、彼女が休憩時間中に私の作品を見に来て下さったりで、ずーずーしくもすっかり仲良くなってしまったのでした。
最終日にご挨拶に5Fに行き、写真を撮らせていただき、こんなステキなおみやげまでいただいちゃいました。
d0208226_19393629.jpg

彼女はガラス器の他、テキスタイルのデザインも手がけていらっしゃるようで、そのオリジナルのワンピースをいつも着ていらして、かわいいのなんのって。バッグもまたステキ。

実は私も、布物を手がけたいと思っていた矢先だったので、すばらしい刺激をいただきました。

林久美子さんをご紹介しているサイトから、彼女の言葉をそのまま…。

-日向のような-
自分にとって仕事とはどういうことだろうかと考えた。
それは、“生きる”ということだとことさらに思った。
私自身の手の内から産まれるものは、いつも自分と寄り添った物であるように確かめながらの物造りを心がけています。


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-05-02 19:55 | 毎日
<< con le maniさんの陶器の箱 アッティコさんの復活祭イベントにて >>