イタリア式いらない服の処分のしかた

早朝と日中の温度差についていけない私。

朝は息子を学校に送るために8時20分頃家を出ますが、さ、さ、寒い!
もうブーツはいて、しっかりジャケットもはおる。
ところがお日様がしっかり照りだしてくると、半袖とサンダルに逆戻り〜

イタリア人は、朝早くてもまだサンダルはいて、半袖なんてのもけっこういますが…。

なので、今週は衣替え
衣替えをするときのお決まりゴトは、着ない服の処分。
今回は、『もったいなくてなかなか捨てきらない系』のジャケットを3枚、思い切って大処分!
子供服の小さくなったものも一緒に処分。
ああ、スッキリ!

イタリア式処分のしかたは、キレイなものはお友達同士、あげっこしたりもしますが、あげてもしかたなさそうなもの(でもちゃんと着れるもの)は、こういう黄色いの↓が街のあちこちにあって、ここに入れることができます。

で、集まった服は、貧しい人に配分されます。
コンディションのいいものなら、靴やオモチャも入れられます。
d0208226_2241290.jpg

これはいいですよお。
ふつうのゴミにだしてしまうのはなんだか忍びなくても、これならけっこう『世のため人のため』って思って気軽に処分できますから。

でもこれらの服が、実は、私がよく活用しているメルカートの古着の山の中に埋まっている…というウワサも聞きますが、今のところ、私の古着は見つかってません(笑)

余談ですが、家の整理をするときにいつも覗かせていただいてるのが、Ikukoさんのブログ『日々の窓』
いや、逆か。
彼女のブログを見て、おし!整理しよう!という気分になれるのでした。
おうちの整理したい方、ぜひどうぞ〜

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-10-05 22:56 | 毎日
<< 過ぎ去りし夏の思い出 その2 ゲゲッ!スポンジボブのスクエア... >>