サンタクロースはいつ来るの?

d0208226_019347.jpg

日本ではもう早々とクリスマスの飾り付けはしまってしまうと思うんですが、ここではベファーナのお祭り(1月7日)まで出しっ放し…ってことで、またちょっとクリスマスのお話しを。

皆さん、サンタクロースっていったいいつ来るんですかね?
イタリアでは、サンタ、サンタって騒いでるわりには、家庭によって来る日も来る状況も違って、なんか毎年困るんです。

私が知っているサンタといえば、イブの夜に、子供たちが寝ている間にやってきて、ツリーの下にプレゼントをおいていく。だから子供たちは25日の朝にプレゼントを開ける。これが基本ですよねえ?

ところが例えば義父母の家では、サンタを待ちきれなくて、24日の晩餐前にさっさと開けてしまうんですねえ。というか、家族からのプレゼントはサンタとは別物で、先に交換してしまうんです。
そしてサンタはというと、晩餐の途中で誰かがこっそり玄関にでて、プレゼントを置いてチャイムをピンポ〜ン!と鳴らし、玄関をしめる。
そしてなにくわぬ顔で、子供たちに「あっ!誰か来たっ!サンタかもしれないぞ!」と知らせる。子供たちはパッと顔を輝かせて玄関まで走り、一気にドアを開ける。するとそこにはプレゼントがおいてある…。
でもサンタさんはすごく忙しくてさっさと行ってしまうので、そこにはいないわけ…。

ところが去年のこと、ノンノ(おじいちゃん)がサンタに扮装することになって、ピンポ〜ン!と共に、変装ノンノがサロン入って来た…。
でもさあ、今時の子どもって、こういうの、すぐ解っちゃうんだよねえ!
我が息子も後で私にいったもの。
「あのサンタさん、なんかへんだった。ノンノと同じ靴はいてたもん…」

で、今年。
今年は友人宅で祝ったので、そこの家の風習に従うことに。
この家では、親戚一同が25日のランチに集まるので、サンタはその日の午後にやってくる。

「サンタさん、まだ〜?」と、1時間おきに質問する子供たちに、大人たちは「サンタはまずローマ市内でプレゼントを配って、それからだんだん郊外に来るから、オスティアは夕方よ〜」とか、わけわかんないこといっている。
そしてやっとサンタ登場!ってことで、またまた叔父さんが変装してピンポ〜ン!ってやったわけだけど、息子もそのお友達も一目でそれを見破った…。

だからさあああああ!私、この変装サンタっていやなのよおおお!
やっぱりサンタは寝ている間にこっそりやってくるのが、夢をこわさない一番の方法だと思う訳ですよ!

帰り道、またまた小首をかしげていた息子に、でも娘がウマいことをいった。
「あのサンタはね、確かに本物のサンタじゃなかったけど、あれはね、サンタさんのお手伝いさんなのよ。サンタさんは世界中の子供たちにプレゼントを持って行かなくちゃならないでしょ? でも、とってもひとりではムリだから、ノンノとか叔父さんとか、いろんな人に手伝ってもらうのよ」

息子はしっかり納得してた。
あっぱれ、おねえちゃん!

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-12-30 00:40 | 毎日
<< モザンビークの海賊!? D di Domodossol... >>