絵画 月のしずく -2- 

d0208226_2022027.jpg


今回の展示会で、こんなことがありました。

最初のポンティーレでの展示会で、おばあちゃん、ママ、お子さんという親子3代さんがお散歩中、私の絵を見て(というか、たまたま通りかかって)小さなお子さんが「luna,luna....」(お月さま、お月さま…)といって近づいてきたのです。
ママいわく、この男の子はお月様が大好きだそうで、私の絵の中の月たちを指さして、大喜びしておりました。

で、そのときはそのままで過ぎ、今回のアンコ•マルツィオの展示会に、なんとおばあちゃんが来てくださって、孫がとっても気に入っていたので、彼の2歳のお誕生日にプレゼントしたい、といって下さったのです。

ところがザンネンなことに、一番気に入ってくださっていた絵は、すでにヴィッソに送ってしまった…。トホホ…、ついてない…。
と思いきや、翌日娘さん(男の子のママ)も一緒に来て、同じ絵をオーダーして下さったのですが、どうせオーダーするのなら、月の色を変えたいとママさんがいいだした。
紫が苦手なんだそうで。

私、ふつうはそういうのイヤなんですが(いちおう、プライドというものがある!)、がしかし、なにせ今回はちっとも売れないもんだから、ハイハイ、なんでも有りです、って感じでokしました(情けね〜〜〜)

で、できあがったのが上の絵。
オリジナルはこっち

ま、これもこれでok?
出来上がりを受け取りに来たママさんは大喜びして下さって、私も満足。
頭を柔らかくして、何でもやってみることも大切だわ…と、つくづく感じました、ハイ。




❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-08-13 20:22 |
<< 絵画 città sommer... 絵画 visso ヴィッソ >>