ケンカの後のシスト橋界隈 

だんなとの険悪ムードはその後も続き、このままどうなるか…でももう考えるのめんどくさい…とあやふやにしていたところ、今回のことは彼もいろいろ考えることがあったようで、ある晩私にこういった。

「明日から2〜3日、バンクで旅行してくる」

この言葉に、私は、一瞬空白。
え?ウソでしょ!?何いってんの、この人???
こんなときにひとりで呑気に旅行ですって!?
あなたがいない間、ずっとひとりで子供たちを見てるのよ。
旅行にでたいのは、私の方じゃないのっ!

マンガ的に表現したら、あまりの怒りに声はでず、顔は徐々に真っ赤になって、わなわなと震えだし…って、ところか。

その晩、悶々としながらベッドに入るが寝れるはずもない。
だんなはあっけらかんと、横でスヤスヤ寝息をたて始める。

さて、どうするか。
このまま朝がきて、彼が本当に出発したら、私はもう怒り狂ってしまうかも。
う〜む。
そうなる前にやっぱり決着をつけよう。

そこで、横で寝入っているだんなを叩き起こし、話し合い…というか、文句の言い合い(笑)。
結局はふたりともぐったり疲れ果てて「話し合いはまた明日にしよう」といって、明け方には寝ちゃったわ。

で、翌日は、幸か不幸か天気が悪かったせいもあって、だんなはバイク旅行を諦めて、かといって話し合いを繰り返すわけでもなく(完全なるエネルギー不足)なんとなく元のさやに収まった。
で、その翌日は、一緒にローマのギャラリーに搬出にいき、そのままローマを散歩した。

ああ、疲れた…。
今年1年が思いやられる…。

ギャラリー近くのシスト橋。小さいけど趣があって、どんよりとした曇り空が似合ってるなあ。
d0208226_0225918.jpg


いつもたくさんの観光客で賑わうカンポ・ディ・フィオーリの朝市。
並んだカボチャたちが芸術的。
d0208226_0352279.jpg

d0208226_036025.jpg


橋向こうのトレステヴェレ界隈。こうやって飾られると、カルチョーフィは、やっぱりお花だね。
d0208226_0234634.jpg


テラス席のイスには、ウールの膝掛けが用意されてる。心憎いサービス。
d0208226_025316.jpg


よく見ると、室内にヴェスパが飾られてる?
d0208226_026533.jpg


トラットリアの前のかわいい車。誰かが停めたのか、それとも客引きのためか。
d0208226_0264580.jpg




❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2013-01-21 00:40 | 毎日
<< 絵画 月のハーモニー 絵画 ネミ >>