絵画 Piccolo Grande Amore

d0208226_2044555.jpg

とある展示会のお誘いで、よく内容も聞かずに承諾してしまい、後になって『DONNA-女』というテーマだと知り、大慌てで描いたのがコレ。
『DONNA-女』というのは、今の私のテーマにはまったく当てはまらないので、焦りました。

結果、他の画家さんの作品は、想像通り堂々たる美しい女性たちで、そのなかでまったく場違いなのが私の絵。
あはは…。笑ってごまかしました。

抱いてる赤ちゃん、ポニョみたい?

この展示会でのオープニングでは、なんとかという作家先生が、虐げられてきた女性の歴史みたいな話しを披露して下さったんですが、なかにこんなエピソードがありました。

ローマだかどこかではその昔、女性が赤ワインを飲むのが禁止されていた時代があって、それはなぜかというと…えーと、なんだったっけかな?
確か、赤ワインには知恵とかいう意味があって、だから女は知恵なんかつけちゃいけないから、とかなんとかいうことだったっけかな?
いや、違う。赤ワインは土を意味していて、だから…なんなんだ?

やだ。すっかり忘れちゃった。

まあとにかく赤ワインは男の飲み物で、ところがある日、ある女がそれを飲んでしまったのがみつかって捕まって、生き埋めの刑に処されてたんですって。

ああ、今の時代に生まれて本当によかった。
毎晩飲んでる私は、生き埋めどころの騒ぎじゃないわね。

女性といえば、今朝、イタリア人の男友達から『親愛なる僕の女友達たちへ』と題して、こんなおもしろ話しが回って来た。
訳すと…。

病院でのこと。
その日は、ある重傷患者がたいへんな手術をうけていた。
待合室では、その親族が多数集まって、沈鬱な空気のなかで手術が終わるのを待っている。
しばらくするとやっと主治医が現れ、こう告げた。
「残念なお知らせをしなくてはなりません。患者が助かる方法はただひとつ。脳の移植手術しかありません。だが脳は少しコストがかかります」
親族が聞いた。
「先生、教えて下さい。脳の値段を」
医者は答えた。
「男性の脳が5000ユーロで女性の脳が2000ユーロです」
それを聞いた男たちは必死で笑いをこらえ、女たちは顔をゆがめた。
しばしの沈黙…。
やっと親族のひとりが口を開き、医者に質問する。
「先生、この値段の違いはいったいなんなんですか?」
医者が答える。
「それは、男性の脳がほぼ未使用なのに対して、女性の脳は使い古されているからです…」

おわかりですか〜?
つまり、男というものは、あまりものを考えないので彼らの脳はいつでも新品状態。それに比べて女はいつもものを考えるので、脳の値段も中古並ってことなんですよ〜。

わはは。


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2013-03-25 21:32 |
<< 『Le Tre Vaselle... ボタンアート!? >>