カテゴリ:絵( 66 )

絵画 かくれんぼ 2

d0208226_16535231.jpg


先々週の展示会のとき、2日続けて来てくれた赤毛のシリョリーナ。
1日目に、『かくれんぼ』という小さな絵を見て気に入ってくれ、翌日戻ってきてくれたんだけど、すでに売れちゃってました。

そこで、同じ絵を描いて下さいと頼まれ、できたのがこの作品。
(水彩画では、まったく同じというわけにはいきませんが…とお断りして、それでもぜひ、とのご希望があれば、同じものを描いたりします)

でも、やっぱりまったく同じはつまらないので、彼女の好きだというモチーフ、かたつむりさんを魚の上にちょこんとのせました。

魚とかたつむり、ふたりでそっとかくれんぼ…。

たいそう、気に入っていただけて、私も大満足です。



❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-05-15 17:01 |

絵画 月のしずく 

d0208226_21184337.jpg


月のしずくを飲む魚。
明日の元気をいただきます。



愛車Twingoはとうとう力尽き、それでは新しい車を何にするか?で、ただいま我が家には、大嵐が吹き荒れています。
夫vs妻の大バトル大会、とうご期待!!!!!


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-04-18 21:31 |

絵画 小さな祈り

d0208226_22172157.jpg


あれから1年。

私が学んだことは、『できる人ができることをする』、ということ。

Aさんが自分より助けの必要なBさんを助けたら、BさんはAさんに恩義を返すのではなく、今度はBさんが自分より助けの必要なCさんを助ける。

こういうつながりが本当の助け合い、いちばん大切なのじゃないかなと思います。


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-03-11 22:28 |

絵画 『南イタリアお料理歳時記』より

d0208226_1443875.jpg


1月のメニューから、ひさしぶりの「トスカーナ風 豚ロース肉のオーブン焼き」を作りました。
ローズマリーの香りがプンプン!

日持ちがいいので、作るときは、大きめの固まり肉でドーンと作ります。

d0208226_1584934.jpg


残りはパニーニにして子供たちのお弁当にしたり、ラーメンに入れたり(笑)、チャーハンの具にしたり…。

d0208226_23685.jpg


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-03-10 02:08 |

絵画 赤い実のなる木

d0208226_6471687.jpg


「このお魚さん、ヒレがないね」って息子にいわれてしまった。
ほっとけ!

ところで世間はお雛様を過ぎ、今日は今日で『女性の日』だったんですねえ。

ところが私は、ここ3日間、ひょんなことから2010年(?)に放映されていたという『Mother』とかいう日本のドラマを聞き知って、なんとな〜くYou Tubeで見初めたら、すっかりハマってしまって、もう号泣!

それでなくも歳取って涙腺弱いのに、もう勘弁して下さいって感じで、昨夜はブッ続けで見たもんで、今朝起きたら目がボッコリ腫れてて、もうた〜いへん!

って、相変わらず話題古くて申し訳ありませんが、このドラマの中にものすごいセリフがあった。

『世の中には、男と女ともうひとり、母親という生き物がいる』

凄過ぎる、この言葉!!

ああ、私も『母親』という生き物なのね〜。
日常のことだからと怠慢しないで、もっと子供たちを愛してあげよう…と、ひとり悦に浸りながら、その実、近よってくる息子に「ママさ、今、ドラマ見てるんだから、ひとりでパジャマ着れるでしょ!」とかいってる私。

最低…。



❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-03-09 07:23 |

絵画 春日の街 スポレート 

d0208226_22581273.jpg


MARZO PAZZO.....

お天気がコロコロ変わるんで、『狂った3月』といわれるイタリアの3月。

さっそく今朝も「今日は、いい天気になりそうだなあ」と思ったとたんにザーザー雨が降って、(しかもちょうど息子を学校に送っていくその間だけ!)、帰ってから、大急ぎで洗濯物を家の中に閉まったら、今度は太陽燦々!
じゃ、後でお散歩かねてお買い物いくか…と思っていたら、数時間後にはど〜んより曇り空。

お天気次第でウツになる私としては、変化が激し過ぎてついていけないのよ〜。
ハッキリして下さいよ、ハッキリ!!

追伸:この作品は、ローマに滞在されているM様にお買い上げいただきました。
ありがとうございました!

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-03-06 23:11 |

絵画 アッシジ JITRAより

d0208226_21125481.jpg


お世話になっているwebサイト『JITRA』さんに、隔月で載せている絵画紀行。
今月はウンブリア州のアッシジ。
エッセーは、こちらでご覧下さいませ♪

さてさて…
『私は春を待つのよ〜ん』なんて超お気楽なことをいっていたら、

ハ〜クション!!

そうよ、花粉症なのよ、私!
春もまた辛いんだってこと、すっかり忘れてましたわ。

自慢じゃないけど私は、この病名がまだ全然メジャーじゃないころからの元祖花粉症で、初めはずっと風邪ひいてるのかと思って、よく父親に「気がたるんでいる証拠だ!」と、叱られました。
日本人って、病気にはホント、厳しいのよねえ。

やっと病名がわかってからは、今後は「花粉症? なんだその間の抜けた名の病気は!? そんな病気にかかるなんて、やっぱりアンタくらいのものよねえ」と、友人らにバカにされたもんでした。(そんな彼女らも、今はりっぱな花粉症!ザマーミロ!)

昔の薬は眠くて眠くて、1度、量を間違えて3日分飲んじゃって、24時間眠り続けてしまったことがあり、さすがの母もこのまま死ぬんじゃないかと心配したそうです。

今は、自然薬の『RIBES NERO』飲んでます。
日本語ではクロスグリとかブラックカラント(英)、カシス(仏)っていうらしい。
健康オタクのだんなが、娘のアレルギーにいいといって買って来たんですけど、私の花粉症にも効くんですヨ!
目にもいいので、愛飲してます。


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-02-29 21:33 |

絵画 芽生え

d0208226_1837579.jpg

ああ、やっとイタリアは、あの地獄のような(…ってのは、ちょっとオーバーですが)寒さから抜け出して、お日様の下はちょっぴりポカポカしてきました。

なので今日はもっと気分を盛り上げようと、息子を学校に送った帰りちょっと寄り道して、春らしい色合いのルージュとマニキュアを買いました。(マニキュア買うなんて何年ぶりだ!?)

d0208226_19252573.jpg


実はここ2〜3日、すっかり気がめいっていたのです。
前回にも書いた光市母子殺害事件から、「日本には他にどんな未成年者の事件があったかなあ」と、ふと興味がわいてきて、いろいろクグってみたら、あるわ、あるわ…。
今まで子育てに忙しく、日本の事件の大まかは聞いていてもそれほど深くは知らなかったので、wikiで見たら、かなり詳しいのでもうびっくり。

コ、コ、コワイ!!
コンクリ事件とかアベック事件とか、何コレ〜!?(って、ちょっと話題古いですけど)
こんなに恐ろしい事件だったの〜!?
あんまり恐ろしいので、脳みそがマヒしてしまいそうになった。

私はわりと娘を自由に出歩かせる方なんだけど(イタリアのマンマたちはかなり過保護的で、日本のように子供たちをなかなか自由に出歩かせたりしません)、でもこんな事件知っちゃうと、私も考えよう!、って思っちゃう。
特に女の子は、殺人にしてもレイプという恐ろしいオマケが必ずつく。
レイプされた女の子は、たとえ助かったとしても、もう一生トラウマをしょって生きて行かなくちゃならない。

中学生のとき、塾の帰りにへんなオジサンに家までつきまとわれて、あやうくいたずらされそうなった事があって、たったそれだけのことでも今でも忘れられないもの。
強姦の罪をもっともっと重くしろ!と私は言いたい。

しかも!
日本の少年法とやらで守られている上記に書いた事件の少年ら、ほとんどはあっという間に少年院からでて、ふつうに暮らしてるわけじゃないですか!
更正の可能性を考慮してっていうけれども、少年院でてからも、誰かがちゃんとアシストしてくれているのか?

あれだけのことを犯したら(犯せる人間が)、10年かそこいらで更正できるわけがない。社会にでてからの後の長い人生には必ず浮き沈みがあって、ふつうの人だって沈んでるときには、何もかもいやになって自暴自棄になってしまいそうになるんだもの。
そういうときに、いつでも信頼できて相談できる人が、常についていてくれるって話しならいいけど。

それに、罪の重さは、時間と共に薄れていってしまうものじゃないだろうか。

18歳、いや中学生になったらもうりっぱな大人だ。
だから死刑にしろとはもちろん思わないが、被害者の、いきなり地獄に落とされたような恐怖を思ったら「更正して人生をやり直すチャンスを与える」なんてこと、そうそう単純には思えない。
自分の子供たちがそんな目に合ったことを想像したら…。

近年は、光市事件の本村さんの苦力もあってか、少年法も少しは顔然されたようですが、こういう事件を見ると、一生のうちで、こういう事に巻き込まれなかったら、それだけでも幸運だったと思うよね。
寝る前に『神様、今日もいちにち、平穏無事に過ごさせていただきまして、ありがとうございました』って、ついつい手を合わせてしまいたくなるよね。

ああ、ブログに書いたらちょっとスッキリした。
ひとりごとにおつきあいいただきまして、ありがとうございました!






❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-02-23 19:57 |

絵画 春よ、こいこい。

d0208226_056412.jpg


寒い、寒い。
ローマでは、雪を懸念して本日は、学校が休校になった。
まあ実際は、そんなにすごい雪が降ったわけじゃなく、もっともっと寒い国の人から見たら、「へ?これっくらいの雪で?」ってバカにされちゃうようなもんだけど、でも、寒いのだ〜

天気の悪い日が続くと、一気に憂鬱になって、私は典型的な『冬型うつ病』じゃないかとマジで思う。(つい最近、そういう病名があることを知ったのだ!)

だからせめて、春よ、こいこい!


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-02-04 01:03 |

絵画 オレンジケーキ

d0208226_1921573.jpg


むか〜し描いたイラストの整理してます。

これは曽我尚美さんが書かれたエッセー&レシピに、挿絵を描かいた『ドイツお菓子物語』のなかのオレンジケーキ。

d0208226_19274624.jpg


このケーキ、本当においしいの。
バターたっぷりのスポンジケーキに、オレンジとレモンの果汁をじゅわ〜ってしみ込ませて…。

今の時期、bio市場でオレンジを買ったときの、私の定番レシピになってます。

d0208226_19282915.jpg




❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-01-31 19:33 |