<   2011年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

アッティコさんの復活祭イベントにて

さきほどイタリアフェアの様子を書いたので、ここで一気に、アッティコさんでの復活祭イベントの様子も書いちゃいましょ。

時は4月23日、すんごいイヤ〜な天気の中、浅草橋にある日伊文化交流サロン『アッティコ』さんにて、復活祭のイベントが行われました。
どんなイベントかっつーと、著書『南イタリア お料理歳時記』の中の復活祭のお菓子、CUZZUPE(クッツゥーペ)を、みんなで一緒に作って食べて、わいわい楽しみましょうー!!というごくシンプルなイベントです。

開催時間より一足先にアッティコさんに伺い、まずは大きなクッツゥーペをひとつ作り、

d0208226_244773.jpg

皆さんには、思い思いのお好きな形で小さいものを作っていただきました。

d0208226_252226.jpg

クッツゥーペは、甘みのあるパン生地で作るのが本来のようですが、クッキー生地の方が作りやすくて簡単です。

ゆで卵を殻付きのままのせて、オーブンで焼くっていうのが、え?マジ?って思うところ。
で、焼き上がったら卵とクッキーを一緒に食べるんですか?っていうご質問が多かったのですが、いえいえ、そんなことはなく、クッキーと卵はまったく別ものです。

卵はただ復活のシンボルなので、のせるだけ。
食べるときはクッキーはクッキーで、卵は卵で…。

最後にふりかける色とりどりのアラザンは、今回お手伝いをかってでてくださった『イタリアで家庭料理を学びたい』の著者、前澤由希子さんが持参して下さいました。日本にはこういうカラフルなのはないんですって!用意してこなかったので、たすかりました〜。

ちなみな由希子さんのブログに、私のよりずっとキレイな写真で、今回のイベント情報をのせていただきましたので、コチラでご覧下さいませ♪

あ、そうそう、皆様、イタリアにいらしたとき、あるいはイタリア人にあったとき、くれぐれも「イタリアの復活祭のお菓子ってクッツゥーペっていうのよね?」などとおっしゃらないように!お菓子の名前は各地方で変わり、同じカラブリア州でもクッツゥーペと呼ぶのはたぶんカタンザーロだけでしょうから!いや、同じカタンザーロ市内でも、人によって微妙に変わるかも!?

とにかく、日本滞在最後の日、スローフードでおなじみの島村奈津さんや、ご翻訳本などをたくさん手がけられ、今回『ばぁばは語る』というとてもおもしろそうな本を執筆された、河内かずこさんもいらして下さり、楽しいひとときを過ごさせていただきまして、ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました!

そして最後には、おもいもかけず、ステキなバラの花束までいただきまして、カンゲキ〜!
またいつか、皆様にお会いできることを切に願って…!
d0208226_2494668.jpg




❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-04-29 02:13 | お知らせ&イベント

イタリアフェアで和気あいあい♡

期間中は、疲れ果てて、しっかりご報告できなかったイタリアフェア。遅ればせながら、思い出話しをちょっと…。

あ、まずは結果報告ですけど、私は惨敗〜〜〜???
三越さん、サローネさん、ご期待に添えなくて、ごめんなさいね〜〜(汗っ!)

目標額に満たなかったら、それは震災で人出が少なかったせい!といいたかったんですが、お客さんはたくさんいたので、いいわけにならないのがツライところ(泣)。
でも、他のブースの方々がいうには、やっぱり恒例より人出は少なかったそうです。
あれでねえ? まあ確かに土日が終わってからは、閑散としてましたが。

でも、とにかく、回りのブースの方たちとすっかりお友達になって(というか、勝手にならせていただいて…)私的には、とっても楽しいフェアでした。
遠いところを訪ねて来て下さった友人知人の皆様方、ブログで知り合った方々などともおしゃべりを楽しめたし!
儲けよりもすばらしい財産だったと思ってます。(え?負け惜しみかって?違います!!)

それでは、そんなイタリアフェアで仲良くしていただいたご近所ブースのお写真初公開!
d0208226_19232164.jpg

まずは、連日大景況だったお隣のジラソーレさん。私は初日、そのあまりの大盛況ぶりに、いきなりバーゲンをやってらっしゃるのかと思っちゃいました。太陽のように明るいシチリアのデ シモーネ陶器を主に扱っていらっしゃいます。店主のご夫婦も、まあホントに太陽のような方!どさくさにまぎれて?私の本をお客様にご推薦下さったり、本当にお世話になりました。これからも仲良くおつきあい下さいね!
d0208226_1924464.jpg

デ シモーネさんのこんなカップで毎朝コーヒー飲んだら、元気いっぱいでしょうねえ!
d0208226_19243799.jpg

ガラリと変わって、淡い色合いが優しいカレカの陶器。こちらもジラソーレさん。
d0208226_19255422.jpg

ねがいうって、こちらは我がサローネさんのソリメーネの陶器。うまへた感覚の絵がかわいい、私のイラストにもちょくちょく登場します。
d0208226_19264234.jpg

私たちのブースの前にいらっしゃったのが、イタリアのインテリア全般を扱っていらっしゃるnoveさん。いやまあ、こちらの社長さんとは、雑談を思い切り楽しませていただきました!このかわいい陶器のわんちゃんには、ナッキーと名前をつけ、お嫁にいかれるのを待っていたのですが、結局いきそびれちゃいましたねえ。
d0208226_19274471.jpg

こちらは一変して、美しいフィレンツェ彫りのジュエリー。フィレンツェ在住の作家、吉野基代さんのブランドUnikusの作品。彼女も、ジュエリーに負けず劣らずのお美しい方!今回、イタリアからの実演者が原発のため誰も来なかったので、私たちすっかり仲良くなっちゃいました。今度、フィレンツェでぜひお会いしましょうねえ!
d0208226_19282416.jpg

明るい柄の布製のバックが飛ぶように売れていたのが、こちらHTS-JAPANさん。これからの季節にいいですねえ。最後にちょこっとお話しさせていただきましたが、きさくなご夫婦。またいつか、お会いできますように!
d0208226_19294056.jpg

こちらはグラナダさんの陶器。前半はイタリア陶器(ベッラドンナやラフェエッレスキなど、伝統的なものがあって、写真撮りたかったんですけど、チャンスを逃してしまいました)を扱っていらっしゃいましたが、後半は場所を変えて、スペイン陶器をズラリ〜。この大きな壷はじゃがいも用?ステキでした。
d0208226_19505811.jpg

ロイヤル通商さんの、春爛漫といった色合いの素敵なグラスたちはセール価格で、とってもお買い得でした。欲しかったわ〜。

他にも、いろいろな方とごあいさつさせていただきました。残念ながらお写真撮れなかったんですけど。
これからも皆さん、がんばって下さいね〜!!!
私は、まあもうお誘いないと思いますけど(笑)、どこかでお会いできたらウレシイです!


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-04-28 19:37 | 毎日

帰ってきました、イタリアへ!

ただいま〜!

成田空港では、23キロ制限の荷物が4キロオーバー、追加料金1万2千円!と聞いて、当然、荷物を開けて4キロ分を取り出すというハプニング!イタリア日本間を何回も行き来している人がねえ…というかなり初歩的なミスを犯しました(苦笑)。

でもすでに、大きな機内持ち込み用の荷物を2つも抱えていたので、空港まで送って来てくれた母に、泣く泣く軽いものを持って帰ってもらい(かつおぶしとかおせんべとか…セコいなあ)、それでもどうしても機内持ち込みに異議申し立てされたら、本を捨てるべきか、子供たちへのお菓子を捨てるべきか悩み(いや、当然お菓子を捨てますけどね)チェックイン。
でもまあ、なんとか取り上げられもせず、無事飛行機に乗り込みました。

席について窓から外を眺め、ホッととしたとたんに涙がドド〜ッ!
なんだか『日本』という病んだ子どもをおいて、海外に逃げてしまうような気分になっっちゃって…。
とはいっても、イタリアについたら一気にふたりの子どもの母!落ち込んでる暇はなし!

さっ、これが没収されずにすんだ、子供たちへのおみやげです!
我が家で大人気のアポロときのこの山、それからハイチュー。
d0208226_233385.jpg

チビくんが好きなのはなぜか『アンパンマン』。
母から送られたぬいぐるみと、友人から送られたお菓子の数々。
d0208226_2334367.jpg

日本食はこんな感じ〜。
d0208226_2342624.jpg

今回、皆に反対されながらも強行した日本帰国でしたけど、本当に行ってみてよかったです。日本はどうなっちゃうのか心配で心配でたまらなかったけど、実際見て来たら、日本はきっとだいじょうぶって思えました。
1ヶ月以上たってもまだ避難所で暮らす人々、原発危険区域でもう家には帰れない人々に対しては、軽々しくだいじょうぶなんていえないけど、今後の電力不足の影響、放射能の被害、どこに捨てたらいいのかわからないがれきの山など、まだまだ問題は山積みだけど、皆、とにかく前に進んでいるもの。

何よりも日本人の他人に対する思いやり、他人には迷惑をかけないという頑さを、今回はたくさん見たような気がします。長い海外生活で、実はそういう日本人気質がうざったいと思えるようなところがあったけど、それは違った。やっぱり他に類を見ない、すばらしい日本魂の底力なんだなあと痛感しました。

改めて『がんばれ、日本!!』

イタリアフェアの成果、アッティコさんでのイベントについては、また後ほど〜!

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-04-26 23:15 | 毎日

三越イタリアフェア開催中!

いやはや、始まりました、イタリアフェア
まずは、東京メトロ駅『三越前』の広告をパチり!
d0208226_10534860.jpg

12日の飾り付けでは、朝の9時半から夜の9時までかかり、
(なにせ壁が固くって、釘を打ち込むのに一苦労!この壁、ベニヤじゃないくて、セメントじゃん!)こんな感じに仕上がりました。
d0208226_10544672.jpg
d0208226_10542971.jpg

途中のお昼休みは、サローネさんと屋上にあがり、一休み。生まれて始めて三越さんの屋上に上がりましたが、ここにはなぜだか神社があって、なんともいえない不思議空間。
被災復興とフェアの盛況を祈願して、思わずお参りしちゃいましたわ。
d0208226_1102631.jpg

…と、休んでいる間にけっこう大きな余震があって、びびった〜!

さて、心配していた翌日の初日の入りは、すごい人、人、人!
自粛はどうした、自粛は!?って感じで、私は唖然とするばかり。
いやー、さずが三越さん!
その後も土日は盛況で(とはいっても、やはり前例より人の入りは、少ないそうですが)、
で、私の絵はどうかというと、日曜日まではまあまあでしたけど、月曜からはスッカラカ〜ンで、私の実力もこれまでか…トホホ…ってな感じでした。

それでも、わざわざ来て下さった方々、お買い上げ下さった方々、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
今回いろいろと仲良くしていただいた、回りのブースの方々とのおしゃべりもとっても楽しくて、後々ブログでも紹介させていただきたいと思ってます。

昨日、今日はお休みをいただいて、イタリア帰国の用意です。おみやげ、何にも買ってないし〜!と大慌ててで、昨日は地元のイトーヨーカドーさんで、あれこれおみやげや自分用にくだらないものたくさん買い込んで、ストレス解消!
三越さんもいいけど、やっぱり私にはイトーヨーカドーが性に合ってるかってか!?

明日は最終日で、お片づけ。
あさっては、アッティコさんでのイベント。
そして、日曜日にはイタリアへ…。

わ〜ん、もっと日本にいたい!!

あ、そうだそうだ。
ブログに励ましのコメント下さった方々、お返事遅れてホントにごめんなさいでした。
慣れない販売のお仕事に、もうクタクタ〜。なんちゃって、帰りがけに飲んだくれてたせいもあるんですけど…。

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-04-21 11:11 | お知らせ&イベント

タグ作り

d0208226_2253511.jpg

震災から1ヶ月たった今日も、また福島、茨城でかなり大きな余震。埼玉もけっこう揺れました。 それに続いて、小さな余震がひっきりなし。
1ヶ月目のTV特番を見てはまた涙だけど、もう自粛はいけない!元気をだして、外に出て経済回しましょー!

明日は、あさってから始まる三越さんのイタリアフェアのための飾り付けに行きます。
そこで今日は、絵の下に貼りつけるタグを作りました。
ところで、イタリアフェアは、震災後、20時までの営業時間を18時までに短縮したのですが、ぎりぎりになってまた20時までに戻りました。

私は初日の13日から19日までで、基本的に朝の11時から18時まで会場におります。18時時以降は様子を見て、お客さんの入りが多いようだったら、残ろうかなって思ってます。

どうなんだろうな、お客様…いっぱい来て下さるのか、閑古鳥が鳴くのか、フタを開けてみないとよくわかりません。

でも私、最初は正直いって、どうして三越さんはフェアを中止にしないんだろう、こんなときにイタリアフェアなんて…って思ったけど、こんなときだからこそがんばる三越さんに、今はエールを送ります!がんばろっ!!

オマケの写真
d0208226_2311618.jpg

母が作ってくれてイタリアンおにぎり!
どこがイタリアンかっていうと、なんとこのおにぎり、おかかとしょうゆ、それからオリーブオイルとオレンジの皮を混ぜたご飯でにぎったものなんです!
めっちゃくちゃ、おいし〜〜。
イタリア人にもウケそう!

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-04-11 23:06 |

桜よ、桜…

d0208226_031520.jpg

我が家の前の桜です。
東京付近では、今、桜が満開。

ああ、美しき日本!やっぱり春は来る!これから日本は、がんばって復興に向かうのさ!と思いきや、夕べは帰国して依頼、始めての大きな余震を味わって、もう、なにがなんだか…。

母と話し込んでしたら、いきなり母のケイタイがすごい音を出し始めたんでびっくりしたら、母が「ああ、地震注意報の合図よ。でも最近はもう当てにんらないから」といったとたん、ガタガタ…ときた。
揺れはだんだんひどくなって、いったん途切れたように思われたけど、また再び揺れ始め、私はもう恐ろしくなってテーブルの下に隠れ、テレビに目をやったら、震源地が11日のときとほぼ同じ位置。ああ、東北にまた津波が来る!と思ったら、もういたたまれなくなってしまった。

幸い被害のでるような津波は来なかったようだけど、もう東北の人たちをそっとしておいてあげてよ!と叫びたい。いや、どうやら本当に叫んでいたみたいで、寝ていた甥っ子が私の叫び声で目がさめたって、今日いってました(笑)

この地震の前に、ちょうどイタリアにいる夫とチャットしていて、「東京では地下鉄にはのらないように」と、いわれ「まったく、どうしてこうオーバーなんだか…」と思ったけど、この揺れ知ったら、やっぱり地下鉄コワイかも。

でもとにかく、母や妹がいうには、11日の揺れはこんなもんじゃなかったって。
怖かったけど、でもこれで、少しは皆と怖さを共用できたみたいで、ちょっぴりウレシイ…。

なんてアホなこといってる場合じゃない!東北では、やっと昨日あたりから水がでたり電気が通じたりしてして、日常に戻れそうな地域があったのに、また元に戻ってしまった…。
東北の他の原発でも、いっとき停電になって、今度は東北電力が記者会見。大事に至らなかったからいいものの…。

他、放射能が検出された野菜農家の風潮被害の特番があった。漁業も厳しい現状です。
みなさ〜ん!風潮に惑わされず、日本の農業や漁業を見守りましょう!!!

ここまできたら、もう放射能とは、うまくおりあいをつけていくしかありません。

オマケの写真
d0208226_0214931.jpg

春休みが終わって、今日から甥っ子は小学校6年生。
桜の下に集まって、皆一緒に登校です。

それにしても、この電線…。


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-04-09 00:33 | 毎日

日本滞在記

夫を始め、イタリア人の友人たちの猛反対を押し切って、きのう日本に到着しました〜。

約3年ぶりの帰国で、まずローマ空港で戸惑った。送ってくれた友人の車を第1ターミナルで降りてしまったため、遠く離れた第3ターミナルまでスーツケースごろごろしながら歩くハメに。確か、3年前も同じことしたなあ、と思い出した。

そして、チェックインカウンターを調べるため、掲示板を見たら、osakaの文字が目に飛び込んできてびびる。え!?うそでしょう?やっぱり成田まで飛ばないで関空止まり?あせって係員に訪ねると、大阪経由で成田まで行くという。

これはやっぱり震災の影響で、大阪で水、食べ物を補給するためだったんですね。東京の食べ物は信用ならんということか…。

更に、『 イタリア人乗組員はここで交代せていただきます』、という機内アナウンサーにもびっくりした。え?まさか放射能がコワイので、イタリア人スタッフは、大阪で降りて成田まで来ない!?

でもこれは考え過ぎで、ちゃんと代わりのイタリア人スタッフが乗り込んできました。ちなみにあるイタリア人スチュワーデスさんに「成田へのフライトって、家族や友人に心配されませんでした?」って聞いたら「そう、皆に心配されたけど、私は仕事だし、現状を知っているから心配しないわ」といってました。

そんな訳で関空で1時間半待たされたんですが、でもまあ、成田まで行ってくれただけでありがたや〜。

そして今日は、イタリアフェアのために、額縁やさんに、絵を届けにいきました。

(ひえ〜、書いてる途中で地震だあ。小さいけど、きのうからこれで3度目の地震です)

途中の駅では、小さな子供たちが募金活動してました。
d0208226_2317225.jpg

さて、昨日今日の日本での原発ニュースですが、ザンネンながら、コウナゴといわれるお魚に放射能が…。漁師さんたちは沈痛の趣。東電が漁業組合に謝罪するというシーンがありました。
日本のお魚さん、いったいどうなっちゃうんでしょう!
お魚さんは泳いでるから、汚染区域に行くなったって、ムリですもんね。

あとは、ずっと静養中で、公式な場所へはでられなかった雅子様が、東京の被災地訪問というニュースもありました。私、決して右翼ではないけど、やっぱりこういうときには、国民の励ましになるから皇室って必要なんだなあって、テレビ見てつくづく思いました。

それから、がれきとなったゴミ処理問題にもふれていて、これらのゴミを仕分けるのに、いったいどれだけ時間がかかるか、大きな問題です。

でもとにかく、東京近辺では、皆冷静です。 千葉あたりでは、お水が不足のようですが。
私の実家のある埼玉の朝霞市近辺では、牛乳が不足してるけど、お水もちゃんとあります。今日は駅前の薬局で、なんとサンジェミニのミニボトルが売ってました。
d0208226_23164498.jpg

それでは皆様、今日はこのへんで。
また日本の状況お伝えしますね。

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-04-06 23:21 | 毎日

サンタモニカ チャリティーコンサート&バザー

おかげさまで、チャリティーコンサート&バザーは大盛況でした〜!
d0208226_3565652.jpg

バザーには、本当に、想像以上にたっくさんの日本人の方々にご参加いただいて、食べ物類から小物類まで、実に多くの品物がテーブルに並び、テーブルも足りないくらいで、まずは嬉しい悲鳴!

ああ、でも、もしこれで、お客さんが全然来なかったら皆さんに申し訳ない、どうしよう…!と胃が痛くなったのもつかの間、開場と共にどど〜っとお客様が来て下さって、会場内はてんやわんやの大騒ぎ。
d0208226_403793.jpg

d0208226_413482.jpg

d0208226_4362995.jpg

d0208226_427521.jpg

d0208226_4283099.jpg


時を同じくして教会内では、滝川啓子さん、福田菜季さん、ピアニストの中山ゆかりさんが見えて、コンサートのリハーサルが始まり、私は、あっち行ったりこっち行ったり、ハラハラドキドキ。

私、ホントは、こういうの仕切るような性格じゃないんですよ、マジで。白状しちゃいますけど!

バザーは大盛況のうちに終わり、続いてのコンサートも、しっとりと、とてもいい感じで終わりました。これが急ごしらえのコンサートとは、とても思えない。(いきなり私があいさつするハメになって、へったくそなイタリア語で、わけわかんないことしゃべりくって、これが最大の汚点でしたが…)
d0208226_422473.jpg

滝川さんも福田さんも、それぞれ個性をお持ちのすばらしい歌声で、華を咲かして下さって、ピアニストの中山さんも、本来はすばらしいピアニストでおありのはずなのに、今回は伴奏に徹していただいて、皆さん、それぞれ本当にがんばっていただきました。
オラトリオの人たちも含めて、イタリア人たちも皆心からカンゲキしてました。

そんなわけで、昨夜は、興奮冷めやらぬ想いで、大満足でベッドに入ったのですが、今朝目が覚めてみると、ああ、なんでもっと、お手伝いに駆けつけてくださった方々ひとりづつに、きちんとごあいさつをしなかったんだろうと、悔やまれて、悔やまれて。

いきなりどど〜っと人が来たので、何がなんだか、わかんなくなっちゃったんですよね。ごめんなちゃいね、皆様。そうこうしてる間にカナレ10(地元のローカルテレビ?)が、取材に来たりで、いやだといったのに、マイクの前にたたされて、ここでも赤っ恥かかされて…トホホ。

こんな感じで落ち込んでいる間に、今回バザー隊長を勤めて下さった後藤知美さんが、集計と共に(スミマセン、本当は私がするべきなのに、明日日本に立っちゃうもんで、銀行にいけないので、彼女にお願いしてしまいました)こんなメッセージを送って下さいました。
これは、私の気持ちをも代弁してくれているようなメッセージなので、許可をいただいて、ここに掲載させていただきます。


バザー、募金、コンサート…準備に追われている間は、大丈夫かな?ちゃんと人が来てくれるかな、などの不安もありましたが、お天気良好、人の山…(何がなんだかわからなくなっちゃったくらい…)大反響の大成功に終わって、受付・募金コーナーでも、来場者の方々から慰安の心情を伝えられて感謝し、教会・オラトリオの皆さんが頑張ってくれたコンサートも素晴らしい、『共生』を訴える感動的なものに締めくくられ、こんなに人々の温情に心が救われるなんて。
 
昨夜は、 自宅へ帰ってどっと疲れておりましたが、集計をきちんとし直しました。 ボランティア精神旺盛の夫にも手伝ってもらって(お水やら、外で遊ぶ子供たちの安全監督をお願いしていたので、重複する荷物運びで疲労感もいっぱいでしたが)お金を数えなおしてもらいました。今朝も早朝からお仕事へ出勤してます…。

月曜は車が午後遅くまでないため、火曜日朝一番での振込みとなりますが、ここで、募金総額とその内訳をお伝えします。
 
教会コンサート 1,050.00
募金(受付で)1,077.56
バザー    3251,66
===============
合計     5,379.22ユーロ
  
皆さんの温かな寄付により,このような大きな成果がでました。
感無量!ですね。
 
準備に追われたり、連絡や知人・友人への宣伝・メールでの呼びかけ等、本当に大勢の人の協力がなければ、ここまでの素晴らしい成果はなかったでしょう。

サンタモニカ教会のオラトリオの皆さん、オスティアの町の皆さん、ティボリやカステッリ、サンタマリネッリ、ラディスポリ、それからフィレンツェからまで…友人・親戚のみなさん、そのまた友人、人の絆の大切さを見た気がします。そばで支えてくれた夫たちにも、こまごまとした協力をしてくれた子供たちにも、感謝です。
 
大震災で、今この瞬間も苦境の中で生きている人たちにも、復興するにあたって大きなエネルギーを注いでいかなくてはならないと思うのですが、しかも長〜いスパンで。
きっと、こんな素晴らしい人の絆があれば実現していけるのでしょうし、これから頑張っていってほしいですね。
皆さんから寄せられた、震災している人へのメッセージは、簡単な記録と合わせて、一番ふさわしい場所へ郵送できることを考えています。
 
長くなりましたが、参加させていただけて本当に感謝しています。
私からお誘いさせてもらった人たちは、今回のバザーへの賛同を心待ちにしていたように、終わったあとも、心に大きく残るものとなったようです。みんなの表情が心に染みています。
オスティアで呼びかけにあたった皆さんへもよろしくお伝えくださいませ。
 
お疲れ様でした。振込み後、報告だけさせいただきますので、よろしくお願いします。
 
                頑張れ、ニッポン。後藤知美

d0208226_452338.jpg

(実は、この集計をいただいたあとに、「きのうのコンサートには来れなかったのだけど、ぜひ募金したい」という友人が、わざわざ我が家に来て、50ユーロを渡してくれました。
それも入れて、総額5429.22ユーロです!

他にもいろいろな方からメッセージいただきました。
本当に、ありがとうございました&お疲れ様でした!

でも、皆さん!これで終わりじゃないですよ!支援は末長〜く続くのです。そして、暖かい手が必要なのは、広い世界中で日本だけじゃない。そのことも私は、心に強く刻んでおきたいと思います。

写真提供は、後藤さんの下で、バザー活動には慣れないながらも、オスティア支部をまとめて下さった、荒川知美さんのご主人様です。ありがとうございました。
(お写真がのせられなかったテーブルの方、ごめんなさい!)

ご参加下さったruggineさんのブログも、ご覧下さい!いろいろお写真のってます。

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-04-04 04:13 | お知らせ&イベント