<   2011年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

チェノーネのコントルノ

今年もあと残すところ9時間となりました。
あ、日本では1時間もすれば新年ですね。

チェノーネの今晩も、それぞれ料理を持ち寄って友人宅でワイワイということで、私の担当はコントルノ。
『アーティチョークとポテトのオーブン焼き』『フィノッキのオレンジサラダ』を作り、おでかけの時間までまだ間があるので、ブログアップ。

今年最後のブログですね。

でも、料理の写真は本当にヘタなので、というか、じょうずに撮ろう!という気力がいまいち欠けるので、最後を飾るにはたいへん忍びないんですが(笑)
d0208226_23145581.jpg

あ、やっぱりマズそう…。
スミマセン。
d0208226_23225415.jpg

こっちはちょっとマシなサラダの写真(前にも使ったものですが)

では皆様、よいお年を!





❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-12-31 23:27 | 毎日

モザンビークの海賊!?

1ヶ月前の夫婦の会話

夫「モザンビークに出張になった」
私「え?モザンビークってどこだっけ?」←思い切り無知。
夫「アフリカだよ」といって、グーグルマップで見せてくれる。
私「あら?マダガスカル島の真ん前じゃない。マダガスカル島ってこんなに大きかったのねえ。なんだか楽しそうじゃない?」←思い切りアニメの『マダガスカル』に影響されている。
 「それに、今は夏でしょ?たまには船から飛び込んで、泳げるじゃない?」
夫「バカいえ。このあたりの海には海賊がうようよいるんだぞ」
私「海賊…???」

d0208226_681912.gif


そうなんですねえ。
いろいろ調べると、モザンビーク沖にはサマリアの海賊がいっぱいいるんですねえ。

寺島紘士さんという方の今年7月27日に書かれたブログによると、

7月14日、今年の前半6カ月間において世界の海では266件の海賊事件が発生した
〈略〉

この266件のうち、60%は、いま世界を騒がせているソマリアの海賊によるものである。6月30日現在でソマリア海賊は、20隻の船舶と420人の船員を抑留し、その解放と引き換えに数百万ドルの身代金等を要求している。
〈略〉

しかし、他方で、ソマリア海賊は、取締りの緩い海域へと行動範囲を拡大しており、ソマリア・オマーン・イエメン沖、アラビア海、インド洋、ケニヤ・タンザニア・モザンビーク・マダガスカル・セイシェル・西インド・西モルジブ沖などの水域にまでその活動を拡大しており、これらの海域での海賊事件は、2009年前半44件,2010年前半51件だったのに対し、2011年前半は125件と急増している。
さらに、紅海(2009年前半0,2010年前半14件、2011年前半18件)などの海賊事件もソマリア海賊によるものとされている。

ソマリア海賊の最近の特徴として、従来は出撃しなかったモンスーンシーズンの荒れたインド洋にも出てくるようになったこと、新鋭武器を使って攻撃が荒っぽくなり、かつ高度に組織化されてきたことなどが挙げられている。

このように、ソマリア海賊の活動は依然として収まる気配を見せていない。この問題の解決のためには、各国艦船によるパトロールの強化のような現場海域での対応はもちろん重要であるが、加えて、海賊の処罰のための法執行・司法処理に関する各国及び国際機関の協力強化、身代金授受・マネーロンダリングを担う組織犯罪対策に関する国際協力、そして何より、ソマリアの国内の安定化へ向けての国際社会の協力強化など、幅広い取り組みが求められる、と思う。
〈略〉

海賊は、法秩序維持の力が弱いところを狙って出没するといわれている。油断しないで状況をきちんと監視して、各国が協力して、海賊事件増加の要因を、まだつぼみのうちに摘み取ることが肝要である。(了)

こわーい!

この会話を聞いていた子供たちは、映画『パイレーツ オブ カリビアン』に影響されていて、
「本当!?いいなあ、海賊だって、かっこいいー!!」だって。

人質に取られたら、誰がお金払ってくれるんですかね?うち、お金ないっすよ。



❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-12-30 06:13 | 毎日

サンタクロースはいつ来るの?

d0208226_019347.jpg

日本ではもう早々とクリスマスの飾り付けはしまってしまうと思うんですが、ここではベファーナのお祭り(1月7日)まで出しっ放し…ってことで、またちょっとクリスマスのお話しを。

皆さん、サンタクロースっていったいいつ来るんですかね?
イタリアでは、サンタ、サンタって騒いでるわりには、家庭によって来る日も来る状況も違って、なんか毎年困るんです。

私が知っているサンタといえば、イブの夜に、子供たちが寝ている間にやってきて、ツリーの下にプレゼントをおいていく。だから子供たちは25日の朝にプレゼントを開ける。これが基本ですよねえ?

ところが例えば義父母の家では、サンタを待ちきれなくて、24日の晩餐前にさっさと開けてしまうんですねえ。というか、家族からのプレゼントはサンタとは別物で、先に交換してしまうんです。
そしてサンタはというと、晩餐の途中で誰かがこっそり玄関にでて、プレゼントを置いてチャイムをピンポ〜ン!と鳴らし、玄関をしめる。
そしてなにくわぬ顔で、子供たちに「あっ!誰か来たっ!サンタかもしれないぞ!」と知らせる。子供たちはパッと顔を輝かせて玄関まで走り、一気にドアを開ける。するとそこにはプレゼントがおいてある…。
でもサンタさんはすごく忙しくてさっさと行ってしまうので、そこにはいないわけ…。

ところが去年のこと、ノンノ(おじいちゃん)がサンタに扮装することになって、ピンポ〜ン!と共に、変装ノンノがサロン入って来た…。
でもさあ、今時の子どもって、こういうの、すぐ解っちゃうんだよねえ!
我が息子も後で私にいったもの。
「あのサンタさん、なんかへんだった。ノンノと同じ靴はいてたもん…」

で、今年。
今年は友人宅で祝ったので、そこの家の風習に従うことに。
この家では、親戚一同が25日のランチに集まるので、サンタはその日の午後にやってくる。

「サンタさん、まだ〜?」と、1時間おきに質問する子供たちに、大人たちは「サンタはまずローマ市内でプレゼントを配って、それからだんだん郊外に来るから、オスティアは夕方よ〜」とか、わけわかんないこといっている。
そしてやっとサンタ登場!ってことで、またまた叔父さんが変装してピンポ〜ン!ってやったわけだけど、息子もそのお友達も一目でそれを見破った…。

だからさあああああ!私、この変装サンタっていやなのよおおお!
やっぱりサンタは寝ている間にこっそりやってくるのが、夢をこわさない一番の方法だと思う訳ですよ!

帰り道、またまた小首をかしげていた息子に、でも娘がウマいことをいった。
「あのサンタはね、確かに本物のサンタじゃなかったけど、あれはね、サンタさんのお手伝いさんなのよ。サンタさんは世界中の子供たちにプレゼントを持って行かなくちゃならないでしょ? でも、とってもひとりではムリだから、ノンノとか叔父さんとか、いろんな人に手伝ってもらうのよ」

息子はしっかり納得してた。
あっぱれ、おねえちゃん!

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-12-30 00:40 | 毎日

D di Domodossola......

明日、息子の指の検査をしに整形外科にまでいく。
それにあたって、ホームドクターにricettaなるもの…あれ?こういうのはrichiestaっていうのかな?…ま、とにかくこんなようなものを出してもらい、電話を入れ予約をする。

そういう作業が実は私、大の大の大の苦手っ!

まず、電話をすると、録音されたウツクシイ声で『ナントカをご希望の方は1を、ナントカをご希望の方は2を押して下さい』とかいうのが流れてきて、それを読解するのに一苦労。気合いをいれて聞かないと、何回も電話するハメになる。

なんとか先に進んで、長いこと待たされてやっと人がでると、今度は子どもの名前をいうのに一苦労。
なにせ、だんなの苗字は『DE SEPTIS』とかいって、イタリアでも珍しく、しかも発音しにくく、皆よく解ってくれない。(私の苗字の方がよっぽど知られている)
そこで、「スペルをお願いします」ということになって、
そうなると、もうアカン!

「D di Domodossola, E di Empori, spazio, S di Siena....」
ドモドッソラのD、エンポリのE、スペース、シエナのS.....

つまり、もし私の苗字『スズキ』だったら、
「数寄屋橋のス、逗子のズ、桐生のキ......」
なあんて感じで、延々とアルファベットに対応する地名をいわなくちゃならない。

忘れちゃうんだよねえ、これを!
「えーと、P…、Pはどこの街だったっけ? ああ、思い出した、パレルモのP!でもって、Tは、えーと…ティーボリのTだっけ?」
なんて、最後までこんな感じ。

一時は電話の近くに、書いて貼っておいたものでした(笑)

こんなことを書いていたらチビが、机の下から手を出して…。
ぎゃ〜、コブラ!!
d0208226_1341624.jpg

男の子のやることはさっぱり解らん…。
d0208226_1353787.jpg







❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-12-29 01:40 | 毎日

息子、中指骨折のクリスマスイブ

およよ…なんと息子くん、イブの夜、右手の中指骨折
とんだクリスマス…。

24日の夜、友人宅へでかける支度をしていた最中、子ども部屋でどたん!とすごい音。慌てて飛んで行くと、IKEAで買った大きなタンスが前倒れになっていて、その横でチビが右手を抑え、自失呆然で突っ立っている。私の顔を見るなり大泣き!横にいた娘も呆然としている。

抱き上げてどうしたの?と聞いても泣いてるばかり。指からは少し血がでて、青く腫れてだしている。娘がいうには、彼、なぜかタンスの引き出しを全開するといういたずらを思いついたらしく実行、引き出しはバランスを失って前に倒れ、彼はすんでのところで横に逃げたが、その際引き出しに指を挟んだらしい。

イヴの夜に救急病院か…トホホ…。

でも30分ほどで泣き止んだので、とりあえず友人宅へ連れて行き様子を見ることにし、そのうちプレゼント交換でもらったおもちゃで楽しく遊びだしたので、まあ骨折はしていないだろう、ただの打撲だろう…と友人同士軽視していたのだが…。

翌日の25日は、彼のいちばんの仲良しのお家へクリスマスのランチによばれていて、本命のサンタクロースがやってくることになっている。チビは痛みは無いといっていたのだが、中指と薬指の腫れはいっこうにひかず、腫れのためか中指を曲げることができない。

どうしたものかと悩んだが、サンタクロースのプレゼントを何より楽しみにしていたので、とりあえず友人宅へ連れて行くことに。 彼は右手をかばいながらお友達と楽しく遊んでいたが、友人に、骨折の可能性高し、明日には病院へ連れてった方が良いよ、と忠告され、私はもう気になって気になってしかたない。

というわけで、26日の朝、病院へ連れて行くと、案の定…。
かわいそうに、やっぱりすぐに救急に連れて行ったあげればよかった〜。
d0208226_19152992.jpg

でもまあ、当の本人は、イヴもクリスマスを楽しく過ごせたようだし、もっと最悪な事体になっていた可能性もあるわけで…。

しかし、男の子ってなんでこうへんな遊びを思いつくんでしょうねえ!!
倒れるタンスもタンスだけど…。


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-12-28 19:30 | 毎日

絵画 メリークリスマス!!

d0208226_525379.jpg

どうりで咳がひどいと思ったら、しっかり気管支炎にかかってました。
さっさとドクターに診てもらってればよかったものの…。

ま、とにかく。
キリスト教徒でなくても、ひとつの筋目としてのお祝いデス。

Buon Natale a tutti !!!!!

今年はだんなが出張から帰ってこれないので、彼の実家のあるカタンザーロには行かず、お友達の家に呼ばれて楽しむことにします。

皆さんもステキなクリスマスを!

あ、そうそう、お知らせがひとつ。
ギャラリーSAMANでの展示会が1月8日まで延期になりました〜。




❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-12-24 05:37 |

クリスマスの手作りプレゼント

d0208226_761650.jpg

ひさしぶりに風邪ひいたあ。
ひどい咳がもう一週間止まらなくて、明日はさすがにドクターに診てもらおう。

そのひどい咳と戦いながら、今年の手作りプレゼントやっと終了!
フェルトで作ったオーナメントです。

壁に掛けるとこんな感じ〜。
苦労したわりには、写真に撮るとどってことない感じ〜。
まっ、いっか。
d0208226_7114134.jpg

10個ほど作って、お世話になった友人や、クリスマスのお食事に呼ばれているお宅に、プレゼントとして持って行きます。

オフホワイトのフェルトにビーズを適当にちらすというアイデアは、実はこの方、latte di lunaさんのブログから拝借したんですが、あれれ?なんか私のはすごい手抜きで、似ても似つかなかったわね〜。

羊毛フェルトでは、こんなちっちゃいのをいっぱい作りました♡
d0208226_7121920.jpg




❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-12-22 07:41 | 手作りサロン

ギター、始めてのソロ演奏

d0208226_6392651.jpg

19日、音楽科に通う娘のクリスマスの恒例演奏会。
専攻はギター。

なかなか性に合っているようで、成績はまあ優秀で、
今回、選ばれて始めてのソロ演奏。

見ている親は気が気じゃない。
心臓ばくばく…。
上の写真は始まる前で、本番中は、見守るのが精一杯で写真を撮る余裕なしでした。

でもこういう感動をくれるのが、子どもってものですかね。
今のうちに好きなことを思い切りして、どんどん楽しんで欲しいです。

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-12-22 07:02 | 子供たち

絵画 うたう鳥

d0208226_20333168.jpg


めっずらし〜
鳥なんぞ、描いてみました。
魚ばっかじゃねえ。

さて、去る12日、イタリアはまたまたどしゃぶり。
で、我が家、しつこく浸水〜!!
なんでこーなるのよ!

なんで、だんなはいないのよ!!

例のごとく、朝方かみなりがゴロゴロなりだして、あっという間にスコールのようなどしゃぶり。
こりゃヤバいっていうんで、だんなが用心のためにと買っておいた砂袋を、ドアの前に積もうと外に取りにでたのはいいが…

重過ぎて持ち上げられないやんけ〜!
私は吠えました、大雨の降る中で。

いい加減にせーよっ!!

今回は娘が学校行く前だったので、彼女をたたきおこし、ターペットは持ち上げました。
水は前回よりも多くて、でも幸い庭の水はすぐ引いたので、娘とふたり、ほうきではきはき。
きのう、おとといは凄い筋肉痛でした。

ま、これって一種の荒治療?
しょっちゅう起これば慣れちゃって、たいした災害じゃなくなるってことさ。アハハ…。
だんなが帰って来たら、排水工事だわね。

それまで大雨降りませんように!

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-12-15 20:54 |

絵画 満月の夜の遊び

d0208226_20224922.jpg


夕べは、きのうから始まった『Solo Piccoli Quadri per Regalo』のオープニングパーティに行ってきました。
たくさんの人、大盛況でうれしい限り。

でも、自分のレベルの低さに改めて気づかされました。
他の絵描きさん、みんなスゴイ!
これ、ホントに99,9ユーロで売っちゃっていいんですか!?って、思わず聞きたくなるような作品ばかり。
握手していただいて、思わずカンゲキ〜♪なんて有様でした。

おーし、私もがんばるぞ!追いつけ、追い越せ!
思えば今年は、イタリア進出事始め年だったのだ。

どこから始めて良いのやらまったくわからなかったけど、
そういうときは、人に勧められたことを、とりあえずなんでもやってみるのがいいみたい。
何か始めれば誰かと出会え、なんとなく道も開けていくような気がする。

そう、とりあえず、動くのだ。
それが正しくても、正しくなくても…。
そのなかから、ゆっくり自分の道を選んで行けばいいのだろうと思う。

ps:上の絵、よ〜く見ると、小さなお魚がネコのしっぽに食らいついてるんですが、こんな感じで、私もめげずに食らいついていこうと思います(笑)


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-12-11 20:46 |