<   2012年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ハーブに元気をもらいましょう。

信じられないことに、オスティアでは、来週いっぱいでもう夏休み。
げげ〜〜〜っ!

ということで、今の時期は学年末なので、超過密スケジュール!
学校の行事の他に、習い事の発表会の準備もあって、カレンダーは、もうぐっちゃぐちゃ。

先週は、そんなこんなで展覧会の搬入日を『思いっきり勘違い!』して、大慌てて週末に絵を仕上げ、しかしその間に、日本語教師をしているお友達に頼まれた学校祭のセレモニーで、日本語訳の歌をうたうコーラスに参加したり、友人の息子くんのプリーモコムニオーネのパーティに呼ばれたりで、地獄の作品作りでした。

しかも、搬入日の月曜日は朝から雨だしぃ…。
その中を傘をさして、ローマまで。ああ、ため息…。

帰ってみると、アフリカに出張中のだんなから、こんなメールが。
『ここはすごくいいところです。キリンがいて、ゼブラがいて…』

ばっかもーん、こっちはそれどころでないわい!
今週は2回も娘の学校のコンサートがあって、もうへろへろだわい!

と、前置きが長くなりましたが、こんなときに、元気をくれるイタめしといえば、やっぱりハーブですねえ!
d0208226_22482850.jpg

トマトソースのスパゲッティには、もちろんバジリコをた〜っぷりのせて…。
d0208226_23111395.jpg

ズッキーニやナスのグリルには、にんにくとミント。
d0208226_2312027.jpg

d0208226_23121512.jpg

きわめつけは、ルッコラとミニトマトのサラダです!
d0208226_23131527.jpg


あ、あ、まずい!
息子を迎えにいかなくちゃ〜!


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-05-30 23:16 | 毎日

絵画 お散歩

d0208226_16134434.jpg


きのうの日曜日は、また街頭展示会があったはずなんですが、お天気が悪くてお流れ。
なので、ひさしぶりに家でゆっくりできました。
ランチにお友達夫婦を呼んでおしゃべりして、午後は映画鑑賞。

ちょっと古い映画ですが、前々から見たくてしかたなかった『ダヴィンチコード』をやっと見たんですが、こりゃダメだ。
私は原作を読んでいるから解ったものの、読んでなかったら、私のイタリア語読解力では、映画開始10分もしないうちに寝てたろうなあ。
ちなみにだんなもお友達夫婦も、皆、前半寝てました(笑)。

まあ、本のなかにでてくるテンプル教会とか、ニュートンの墓とか、そういう画像が見れたのでいいということで…。

ところで、教会に通っている娘は、実はイエスは人間の子、マグダラのマリアと夫婦だった!…という話しをどう受け止めたでしょうかねえ? 映画だけでは、聖杯の意味だとか、教会の隠蔽だとか、深い内容はきっと解らなかったと思いますが。

彼女がもっと小さかった頃、やはり「イエス様って本当に神様の子?」と、質問されたことがあります。
イタリアでは幼稚園から宗教の授業があるので(希望しない家庭では、授業を放棄してもかまわない)私は困って「ママは真実は知らないけど、学校でそう教えてくれるなら、そう信じてもいいんじゃないかな」といっておいたことを覚えている。

真実かどうかということは、この先彼女がもっと大人になって、自分で考えればいいことだと私は思うし。

そして、中学生になってまた「ママはキリスト教徒じゃないから、イエスの存在なんて、信じてないよね?」といわれたときは「信じているよ。実在の人物だと思う。でも神の子かどうかというのは、実は信じていないの」と、はっきり意見をいった。

「でも、ちゃんと聖書に書いてあるのに?」と彼女が小首をかしげるので「聖書っていうのは、あとからいろんな人が思い出話しみたいに書いたことを集めたものだからねえ。今みたいに、ネットですぐ調べて真実を書いた、っていうのとは訳が違うんだよ。イエスの数々の奇跡というのも、ママは信じないけど、でもそれくらいのことをしてもおかしくないくらい、人々を助けた素晴らしい人だった、ということなんじゃないかな?」というと「ふ〜ん」と、解ったような解らないような。

でもとにかく、彼女は毎週きちんと教会に通って、ボランティアなどにも参加して、そういうことはいいことなんだと理解しているようだし、私もよくは解らないけど、とりあえずイエスの基本的は教えは『愛』なのだろうと思うので、教会という組織のあり方には意義があるとしても、ムリヤリ教義を曲げることはしたくないと私は思います。

そしていつかは、仏教などにも興味を持って、大きな目で宗教を見てくれるようになればいいなあと思う。



❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-05-21 16:52 |

絵画 最後の赤い実 改訂版!

最初はこうで…
d0208226_1191611.jpg

その後、こうなって…
d0208226_1195698.jpg

最終的にこうなりました(笑)
d0208226_1203954.jpg


お世話になっているオスティアのギャラリーDEGASでの展示会に出展中です。
d0208226_1215155.jpg

d0208226_1221494.jpg




❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-05-20 01:24 |

娘、13歳のお誕生会

今年もまたやってきました。
仲良しのお友達マーラちゃんとの恐怖の合同誕生会♥

私の個人的記録のため、それから最近やっとブログが見れる環境になった母のために書き留めますんで「また、誕生会の話しかあ」という方は、お気軽にとばして下さいね〜。

先週の日曜日、今回は、海辺ではなくて松林の中のピクニック大会!
また子供たち30〜40人くらい+親20〜30人くらいはいたんじゃないかと思われますが、場所が広くてエントランスフリー状態だったから、何人いたのか、誰がどこの友達なのか、さっぱりわかりませんでした(笑)

食べ物用意するのがたいへんだけど、でも、マーラは、うちと違ってオスティアに親戚が多いので、彼らがいろいろ作って持って来てくれるので、私はけっこうらくちん。
でも今回は、迂闊にもケーキにチョコと生クリームをかけてしまったので、持ち運ぶのに非常に苦労しました。

でもまあとにかく無事にすんで、ホッ!!!!!
お天気も雨という予報だったのに、とってもいい天気に恵まれたし。
来年は、ザンネンながら娘とマーラとは違い高校になってしまうので、もう別々のお誕生会かな?

改めて写真を見ると、日々成長しているなあ、と実感します。
楽しく大勢でパーティが開ける、開放的でまっすぐな性格に育ってくれて、うれしいと思う。
でももう13歳なんて、コワイわ!


d0208226_14403523.jpg

d0208226_14385490.jpg

d0208226_14394549.jpg

d0208226_14401451.jpg

d0208226_14411395.jpg

d0208226_1441389.jpg

d0208226_1441419.jpg

d0208226_14423958.jpg

d0208226_1443672.jpg


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-05-19 14:54 | 子供たち

絵画 かくれんぼ 2

d0208226_16535231.jpg


先々週の展示会のとき、2日続けて来てくれた赤毛のシリョリーナ。
1日目に、『かくれんぼ』という小さな絵を見て気に入ってくれ、翌日戻ってきてくれたんだけど、すでに売れちゃってました。

そこで、同じ絵を描いて下さいと頼まれ、できたのがこの作品。
(水彩画では、まったく同じというわけにはいきませんが…とお断りして、それでもぜひ、とのご希望があれば、同じものを描いたりします)

でも、やっぱりまったく同じはつまらないので、彼女の好きだというモチーフ、かたつむりさんを魚の上にちょこんとのせました。

魚とかたつむり、ふたりでそっとかくれんぼ…。

たいそう、気に入っていただけて、私も大満足です。



❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-05-15 17:01 |

続 がんばれ、親鳥!

先週の土曜日のこと。
庭でランチをしてたら、おや? お母さん鳥が、くちばしにエサを加えてやってきた。
たまたまカメラでランチの写真を撮っていたので(もちろんブログのため〜)、すばやくカシャッ!
d0208226_163130.jpg

d0208226_15592337.jpg

やっぱりヒナがいるらしい。
お母さん鳥がまた飛だっていったので、こらえきれなくなった夫が、そっと巣に近づいてカメラを高くかかげて盗み撮り!

すると…。
d0208226_1665126.jpg

わあ!いたいた〜。
かわいいヒナが4匹も!!

皆でカンゲキしていると、今度は…。
d0208226_1684442.jpg


お父さん鳥がやってきて、エサを与え、それから長い時間、子守りをしていました。
週末はお母さんにかわって、子育てのお手伝いかな?
今頃お母さんは、「アー、疲れた!」とかいいながら、どこかで羽のばしてるのかも?

なんて冗談はさておき、なんだかとっても微笑ましい夫婦鳥で、『家族作り』に我が家を選んでくれてありがとう!なんて、思わずつぶやいてしまいました。

子供たち、ちゃんと巣立っていってほしい!
がんばれ〜〜〜!!




❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-05-15 16:17 | 毎日

がんばれ、親鳥!

いっけん、ただ無作法にのびてるだけの我が家のブーゲンビリア。
実はなかに…。
d0208226_15245276.jpg

鳥が巣を作って、親鳥がじ〜っと卵を温めていたんです。
d0208226_15271019.jpg

もう2週間くらいたつので、そろそろ卵がかえってもういいのでは?
(あれ?こういうときは、ヒナがかえる、っていうんだっけか? ああ、日本語が…)
と思っていたところ、最近親鳥が何かをくちばしにくわえて行ったり来たりしているので、小さなヒナが生まれたのかも♥

いや〜〜〜なことを忘れさせてくれる、小さな我が家の鳥物語です。


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-05-12 15:39 | 毎日

ひさしぶりの人生劇場!

ひっさしぶりに、怒りの鉄拳!
イタリア人に、してやられた。
だんなとの長引くケンカもぶっ飛んだ。

こういうイヤなことは、書き留めるより、早く忘れてしまう方がいいのですが、どうにも怒りが収まらないので、書いてスッキリしてしまおうと思います。

それはおとといの夕方。
上に住むシニョーラがだんなを連れて、ピンポ〜ンとやってきて、いきなり怒鳴りまくった。
「あたしの車がこすられているのよ!あんたがやったんでしょ?」

「?????」

怒鳴りちらしているもんだから最初はよく意味がわからなかったのだが、つまり、家の前に停めてある、彼女のシルバーの車の左前方にブルーの小擦り傷があって、その後ろの後ろ(つまり彼女と私の車の間には、もう1台車がある)に停めてある私の車(ブルーのTwingo)の右後方にシルバーの小擦り傷がある。
キズの高さはほぼ同じ。
彼女の夫が、足を使ってキズの高さを計ってみせ「高さも同じだし、色も合うし…」とか、ごちょごちょいっている。

だから、私が縦列駐車するためにバックしたときにこすった、と、いちゃもんをつけにきたのだ。

私はいった。
「このキズは前々からあるものだし、だいいち、縦列駐車するのに、こんなに前まででるわけないでしょう?」

すると彼女は、「そんなことは知らないわよ!もっと前に空きスペースがあるかどうか見る為に、前にでたんじゃないの?」とまくしたて、さらに、「私は車がぶつかった音を家から聞いたのよ。その後、しばらくして外を見てみたら、あなたの車が停めてあった。その前はなかったのに」

私も頭に来て「なにそれ。別に、すぐ見たら、私がちょうど駐車しているとこだったってわけじゃないんでしょう? で、あなたは、私があなたの車をこすって、そのまま知らんぷりしてるっていいたいわけ?」

「そうはいってないわ。あなたは気づかなかったのよ!」
「だって、音がしたんでしょう?あなたの家まで届くような音が!そしたら私だって気づくわよ」
「聞こえなかったんでしょ。とにかくあなたがやったのよ!」

とにかく「Sono sicura che.....!」(私は確信している)を連発して、私が犯人だといいはる。

私はいったん引くことに決めた。もう頭がいたくなってきて、言い返す気力もなく、こういうイタリア女は、何をいってもつじつまが合わないことを平気でいい返してくるから、とうてい勝ち目はない。

「わかったわ。金を払えっていうなら払うわよ、それであなたの気が済むなら。でも、もうじき夫が帰ってくるからちょっと待ってちょうだい」
こういうとき、我が夫は非常に頼りになる。決して逆上せずに、冷静にやり返すのがうまいのだ。

だんなが帰ってきてからは、当然のごとく、私の車を彼女の車の横にもってきて、現場検証。
案の定、キズは微妙に高さが違っていて、彼女の車のキズの方が高い位置にある。
しかも、私の車のバンパーはかなり外へでているので、それが擦った後がないのが絶対おかしい。

すると、彼女のバカ夫は、こういいはなった。「車がぶつかった衝撃でバンパーはへっこみ、車体が少し持ち上がったのかもしれない」

おまえ、バカも休み休みいえ!

だんなはすかざず「ああ、なるほど。妻の車はゴムでできてるっって訳か。自由自在に形がかわり、へっこんだり元に戻ったり、上がったり下がったりするっていうわけか? だいたいボクたちは、こんなささいなキズに払うお金がもったいなくて、近所つきあいを悪くしようなんて思わないよ。本当にやったのなら、謝ってすぐ弁償するさ。でも、どうみたってこのキズは合わないよ」

その後、さずがにバカ夫は非を認めたらしく「ok,ok」といって去って行こうとしたが、彼女の方は「警察を呼ぶわ!」といいだす始末。
だんなが「どうぞ、どうぞ。呼びたければ呼べばいい」というと、バカ夫が彼女をなだめすかして、去って行った。

信じられん!!!
何の確信もないのに、ここまで思い込むってどういうの?
友達とまではいかなくても、それなりにあいさつしたり、道で合えば立ち話ししたりしていた仲だったのに、いきなり豹変するんだから。
でも、これがイタリア人なのだ。

しかし…。
私はだんなから「キミは何も言うな。彼女と同じレベルに落ちるな」といわれ、現場検証のときはおとなしく家にいたのだが、これがどうもいけない。

後から悔しさがこみあげてきて、いてもたってもいられない。

私はだんなにいった。
「悪いけど、もしまたこういうことが起こったら、私はレベルを下げて、私だって言いたい放題いいます。もちろん、イタリア人相手の無秩序な言い合いには絶対勝てやしないだろうけど、こんなふうに悔しさを溜め込むよりはマシよ」

彼女は今頃、ご近所中に車のキズを見せて、私がやったといいまくっているに違いない。

おまけですが、娘の攻撃もなかなか素晴らしかったそうです。
私が駐車したとき、彼女は助手席にいたので、娘はシニョーラに向かって「家にいたあなたに音が聞こえて、私に聞こえなかったなんて、へんよね」と平然といってのけ、シニョーラが我を忘れ「何行ってるの? 私は40のシニョーラで、あなたはまだ中学生でしょ?」というと、だんなとふたりで「Che centra!!!」(何の関係があるんだ!?)と言い返したそうです。

ホントにね、イタリアに暮らしていくには、もっともっと強くならないとね。
突撃されたときに、ものおじせずに言い返す、というワザを身につけないと、生きていけませんわ…。









❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-05-10 19:25 | 毎日

Via Margutta の展示会 

もうあっという間に5月ですねえ。
日本はGWだったんですねえ。すっかり忘れてました。

私は5月1日に、スペイン広場のすぐ近く、マルグッタ通りで年に2回(だったかな?)行われる展示会を見に行ってきました。
友人アーティストがたくさん参加しているので、来年あたり私も参加してみようかなあ、と思いつつ、どんなものかと…。

d0208226_16215130.jpg


蔦のからまるかわいい小道。
ギャラリーやレストランもいっぱい。
アーティストたちには、それぞれ屋根付きのブースが割り当てられます。

d0208226_17272570.jpg

d0208226_16224195.jpg

d0208226_17272860.jpg

d0208226_16222866.jpg


ちょっとおもしろい展示が、ショッピングバッグをアートにしたギャラリーでした。
私もこういうことするの、大好き。

d0208226_16234415.jpg

d0208226_16241488.jpg


もっとゆっくり見て、お友達のブースの写真とか撮りたかったんですが、あいにく雨が振り出し、近くのレストランに飛び込んだら、ベジタリアンレストランでした。
子供たちの反応は、すざましかった!

娘: ベジタリアン? Che schifo!!!!!! 私は肉が食べたい! 肉、肉、肉〜〜〜!!!!!! ←まるで人食い人種のような雄叫び。
息子: ベジタリアンってなに? え? 野菜ばっかり!? やだあ、ボク、マクドナルドに行きたい〜〜〜!!!!!!

d0208226_17284722.jpg

d0208226_16245260.jpg


でもなんとかなだめすかして、入りました。
オシャレなブッフェスタイルで、ドルチェ、コーヒーもついて、ひとり25ユーロ。子どもは半額。
しかし、ベジタリアンレストランに欠かせない豆腐とかセンタンとか、そういうコストのかかるメニューはゼロ。
うるさいだんながチラ〜っと嫌味をいったら、私たちのテーブルにだけ、特別にセイタン料理を持って来た!うひゃっ!

d0208226_16252258.jpg


ランチをした後は、友人たちのブースを再び回って、その後はコルソ通り近辺を散歩。
ひさびさの楽しいローマの休日でした〜。

d0208226_1628301.jpg






❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-05-06 17:00 | 毎日

春の街頭展示会 

今年もオスティアの、街頭展示会の季節の始まりです!
(街頭展示会っていうのもへんないい方だけど、他に妥当な呼び方が思い浮かばん…)

d0208226_16242681.jpg


4月はずっと天気が悪かったので心配していたのですが、最終土曜日はカラッと晴れて、とってもいい気持ち!
写真は早朝なのでまだ人はいませんが、午後は太陽につられて、オスティア中の人が出て来たみたいな感じでした。
翌日の日曜日は夕方からポツポツ雨で、早々に店じまいでしたが…。

d0208226_16252628.jpg

d0208226_16255723.jpg


たまには額縁入りの写真でも。
額縁を選ぶ、というのもけっこうたいへんな仕事であります。

d0208226_1626313.jpg

d0208226_16265861.jpg

d0208226_1628191.jpg
d0208226_16273412.jpg


こういう屋台みたいな展示会っていうのは、イタリアではポピュラーなイベントなんですが、正直いって、参加するようになるとは、思ってもいませんでした。
なんだかジプシーになったような気分で、初めはかなり違和感あったんですけど、慣れてみると、かなりおもしろい。

おまけの写真:ジプシーの子供たち…。

d0208226_1629292.jpg


お買い上げ下さった方々、わざわざ遊びにきれくれた友人の皆さん、興味を持ってじっくりご覧下さった方々(特に子供たち!)、お声を欠けて下さった方々、ありがとうございました♡

次回の展示会は6月25日からの2週間、場所はオスティアのポンティーレです。

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-05-01 16:47 | 毎日