タグ:ごはん ( 34 ) タグの人気記事

本日のおひとり様ランチ ライスサラダ

d0208226_594694.jpg

3日ほど前の残りもののライスサラダです。
夏になると無性に食べたくなるもののひとつ。
作り方は『南イタリアお料理歳時記』見て下さいね〜(笑)

あれ?コップの中身がめずらしく水だ。
あ、そりゃそうか。ランチだもん。さすがの私もおひとり様ランチには、アルコールは飲みません!

ところで、原発ニュースをひとつ。

「可能性はゼロではない」っていう言葉の意味は、実は「ゼロという意味」だったのねえ。知らなかったわあ〜

いい加減にせーよ!

熊本日々新聞より

ひと昔以上も前だが、「トゥルーライズ」という映画があった。米カリフォルニア州前知事で俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー氏がテロリストと戦うスパイを演じた。題名を直訳すると「本当の嘘[うそ]」。さて福島第1原発1号機をめぐるドタバタ劇では、どれが本当でどれが嘘なのか

▼政府・東京電力統合対策室によると、大震災の翌日、海水注入が一時中断されたのは「班目[まだらめ]春樹・原子力安全委員長が再臨界の危険性があると指摘したから」。これに班目氏は「言うわけがない。素人だと侮辱されたようなもの」と激怒した

▼結局「発言は『可能性はゼロではない』だった」と対策室が訂正して手打ちに。ところが、班目氏は「ゼロではないは、事実上ゼロという意味」と説明。意味不明のおまけまでついてしまった

▼まるで、攻撃してくださいと言わんばかりのお粗末ぶり。自民党は内閣不信任案提出を視野に追及。国民新党の亀井静香代表は班目氏を「でたらめ委員長」と批判して、更迭を求めた

▼原発事故検証が必要なのは当然だ。ただ、収束へ一刻を争う時に、言った、言わないの騒ぎにはうんざりさせられる。政府の脇の甘さは目に余るが、野党も復興を最優先に考えてはどうか

▼この騒動で、池澤夏樹氏の著書「叡智[えいち]の断片」(集英社インターナショナル)にあった19世紀米国の牧師の話を思い出した。「議員たちのために祈っていただけますか?」と問われて牧師は答えた。「この議員たちを見ていると、国のために祈りたくなります」

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-05-27 05:13 | 毎日

これぞ究極のモッツァレッラ!

今日はもういっちょいくで〜。
d0208226_2112460.jpg

このどでかいモッツァレッラ
もちろん水牛ちゃんのモッツァレッラです。
d0208226_2132916.jpg

切ると、中からジュワ〜とお汁がほとばしる。
うめえ〜。

こういう本物のモッツァレッラには、オリーブオイルもバジリコも不要ですのよん。




❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-05-25 02:16 | 毎日

そら豆とチーズとワインと。

d0208226_6375418.jpg

今年は食べ損ねてしまうかと、非常に心配だったそら豆!
間に合いました〜。

おいしいペコリーノ•ロマーノとワインで、生をボリボリ!

こういう豪快な料理が好きだなあ。
ま、そりゃそうか。ラクだもんね。
鍋も包丁もいらないんだから、料理とはいわないか…。


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-05-13 06:41 | 毎日

好き好きフィノッキ

d0208226_2382720.jpg

日本に住むことになったら、食べたくて食べたくてしかたなくなるだろうなあって思う野菜がフェンネルとアーティチョーク。
アーティチョークは次回に回して、今回はこのフェンネルのお話し。

イタリア語ではfinocchioフィノッキオ(複数ではfinocchiフィノッキ)と呼ばれ、日本名は茴香(ういきょう)、薬用によく使われるようです。あとはもっぱらフェンネルシードとか、魚料理のハーブとして知られているようですが、でもやっぱり根っこの白い部分を食べるのがおいしい!

いきなり雑学ですが、フィノッキには♂(マスキオ)と♀(フェンミナ)があって、♂は丸い形をしていて生食むき。♀はちょっと平べったい形をしていて、加熱して食べるのにいいといわれている。(ということで、写真のは丸々太った♂ですね)
初めてこの話しを聞いたとき、そうか、オトコは生か……と、妙に納得したものです。(←なんで???)
ちなみにイタリアでは男を指して「フィノッキオ」というと、「おかま」のコト。♂と♀両方あるからかな。

フィレンツェにいたときは、もっぱらフィレンツェ風ピンツィモニオが主流で、小さい器にオリーブオイルを入れて、塩とたっぷりのコショウを混ぜ、それに食べやすい大きさに切ったフィノッキをつけてボリボリ食べてました。
よくごはんをごちそうになったお宅には、ピンツィモニア用のかわいいマヨルカ焼きのおちょこみたいな器がいっぱいあったっけ。

それからカタンザーロに暮らすようになって、ゆでて食べるのもおいしいことを義母に教わり目からウロコ。時間をかけて、けっこうしっかりゆでます。ゆでたら塩、オリーブオイル、好みでバルサミコをかけて、いただきます。

義母はよく、オイル漬けの野菜をつくるときに、野生のフィノッキの葉が必要だといって、義父に採りに行かせてました。カラブリアでは夏、ちょっと山道に入ると、背の高い野生のフィノッキが生えてたもんです。
d0208226_2184051.jpg

そして、最近の我が家のヒットが、フィノッキと黒オリーブとオレンジのサラダ!(これってシチリア料理かな?)友人宅で出されたもので、気に入ったものはすぐにマネちゃう私たち夫婦、我が家の定番サラダになっています。黒こしょうもよく合います。

それから、これは意外と知られていないんですが、フィノッキはシンプルなグリルもおいしいんですよ。いちばん外側の皮はまるっこくて焼きづらいので半分くらいに切り、フライパンでこんがり焼きます。
私は少し固さを残すのが好き、これも塩、オリーブオイル、好みでバルサミコをかけて、めしあがれ。りっぱなコントルノ(つけあわせ)になります。
d0208226_240020.jpg

フィノッキは、独特の清涼感があって、食べ過ぎた後にも胃がすっきり。でもそのおかげで、ワイン好きの友人は「ワインの味がわからなくなるからあまり食べない」といってました。
確かにそうだけど、私たちもワイン大好きだけど、我が家じゃたいしたワイン飲まないから、ま、いいやね。

ちなみに日本では、岡山とかで栽培しているそうな。こんなサイト見つけました。フィノッキは、香りが強いせいか、ムシも寄り付かず(?)無農薬で育つそうです。
すごいじゃん!まさに救世主的お野菜!

近年はイタリア料理もしっかり定着してるし、もっともっとがんばって栽培して、日本中に広めてくださ〜い。応援します!

オマケのイラスト♡
d0208226_217428.jpg


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-03-03 02:45 | 毎日

和気あいあい、日本食パーティ

d0208226_631751.jpg

今日は日本人のお友達の家で、女ばっかり7人集まってお昼食会。
ときどき開くこの会合では、各自がそれぞれ日本食を持ち寄って、楽しみます。

今回私が用意したのが、このナスのポルペッティ(おだんご)。
著書『南イタリアお料理歳時記』でも紹介してますが、
もともとは義母に教わった、れっきとしたイタリア料理です。
でも、わさびじょうゆでいただけば、和食にも合うから不思議!

作り方は簡単。
ナスをゆで、しっかり水を切ったら、水にさらしたパン(これもしっかり水気を切る)と卵黄、にんにくとパセリ(夏ならバジリコ)のみじん切りをまぜ、おだんごにして油で揚げる。

この他、皆さんが持参されたごちそうは、三食ごはん、たけのことわかめの酢もの、カボチャと肉団子の煮付け、鶏肉のコーラ煮、手作りぎょうざ、はすと豚皮の煮物、などなど。

日本を離れて20年になりますけど、こうやって日本人同士の和気あいあいとしたおつきあいもできて、本当に感謝です。
皆、それぞれの想いでイタリアにやってきて、イタリアに暮らすことになって、皆それぞれ悩みながら苦労もしつつ、それでもイタリアが好きで残っている、ステキな仲間たち。

私と同じように、何の運命か、外国で暮らすことになった人たち、みんな、がんばってほしいです。
d0208226_615674.jpg

あんまりいい写真が撮れなくて、これだけですが、ホントはお正月みたいにいっぱいのごちそうでした♡

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-02-17 06:23 | 毎日

バレンタインデーの夜は更けて

d0208226_745588.jpg

バレンタインデーの夜、皆様いかがお過ごしでしたか?
我が家では、もちろん妻がごちそうを用意して、夫の帰りを待つ…と、いいたいところですが、
じゃじゃ〜ん、その反対!

仕事から戻った夫は、かいがいしく近所の魚屋に行き、材料を仕入れて、キッチンに立つのでありました。(この魚屋さんは、わざわざローマ市内からも人が来るっていうくらい新鮮で有名な魚屋さん!)

メニューは、生ガキ、サーモンのカプリーノチーズ(やぎの乳から作るフレッシュチーズ)巻き、マッシュルームのグリル。
そして…
d0208226_7555250.jpg

私も初めて見る、どデカイ貝殻パスタのファルシ!中身はタコのトマトソース煮。
だんな様、お疲れさまでした♡

食べた後は、映画『MASCHI CONTRO FEMMINE』を見ました。バレンタインの夜に見るには、なかなかのおすすめ映画です!

さっ!私には、これからお片づけが待ってますのヨ!
d0208226_863485.jpg


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-02-15 08:08 | 毎日

これなんだ?

d0208226_1805741.jpg

さて、皆さん、いったいこれは何でしょう?
お魚さんのカッティングボード?
と、思いきや…。
d0208226_18222356.jpg

あら、不思議〜!
こんなふうにびよ〜んと伸びて、カゴになるんです。

去年のクリスマスプレゼントにお友達にもらったもの。
始めは内心「私のちょっと苦手な木製の工芸品?」と思ったんですが、使ってみると意外にかわいい!

もうひとりのお友達は、カエルバージョンをプレゼントされ、
(今度、彼女の家に行ったら、写真撮らしてもらおうっと!)
先日、ブログ巡りしてたら、偶然アップルバージョンを見つけたので、思わず私もブログアップ!

(余談ですが、こういうときにきっとトラックバックなる機能を使うんでしょうけど、私、さっぱりこれがわかりませんデス)

ところで、カゴに入れてる不気味なものは何かって?
ドライペペロンチーニ(とうがらし)です。
でもこれは、いわゆる辛〜いペペロンではなくて、もっと大きくて甘いタイプのもの。

これを細かく砕いてイタリアンパセリと混ぜ、シシカバブみたいに串にまきつけた挽き肉にまんべんなく付け、フライパンで焼くと、こんな一品ができます。オイシイよ!
d0208226_18184982.jpg






❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-02-13 18:30 | 毎日

気分は春!菜の花のパスタ

d0208226_21113374.jpg

なんて可憐な菜の花なんでしょう。もう春だわ♪
…なーんて浮かれてる場合じゃない!
d0208226_2113216.jpg

パスタにしようと思っていたcima di rapa(菜の花)の花が咲いちゃったのよ〜。葉もしおれてるし…。
d0208226_21173361.jpg

ヤバイ、だんなに叱られる〜。
で、慌ててもぎって作ったパスタがコレ。

たまには作り方でも。

多めのオリーブオイルをフライパンに入れ火にかける。
つぶしたニンニク、多めのアンチョビー(包丁でたたくようにして、よくほぐす)を入れ、香りがでてきたら菜の花のつぼみ部分を入れる。
しばらく炒めたら、フタをし、蒸すようにして仕上げる。
ゆでたパスタ(本来はオレッキエッテがいいんですけど、なかったので、ファルファッレで代用)を加えて、できあがり♡

ちなみにこの苦みばしったパスタは、当然子供たちには嫌われ者。
なので彼らには、カルボナーラを作りましたわ。
明日は残った葉っぱを何とかしましょ。

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-02-09 21:31 | 毎日

まるでおとうふ、プリーモサーレ

d0208226_23141717.jpg

最近ことに気に入ってるチーズがこれ、ペコリーノチーズの primo sale(プリーモサーレ)。
さっぱりしているところが、まるでおとうふみたい。
わさびじょうゆで食べると、とってもおいしいの。

primo saleとは、第一番目の塩って意味だけど、どうしてこう呼ばれるかは、JITRA仲間の佐藤礼子さんが書かれたこちらをごらんください。
プリーモサーレのシチリア版ですが、とっても詳しく説明されています。

だんなはどうするかというと、コショウとオイルをたっぷりかけて、いただきま〜す。
d0208226_23145781.jpg


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-02-05 23:22 | 毎日

ポレンタ?それともホットケーキ?

d0208226_6301093.jpg

きのうのポレンタパーティでは、ロクなできあがり写真が撮れなかったので、本日、いただいて帰った残り物ポレンタを撮影…とはいったものの、これ、マジでポレンタ!?まるでホットケーキなんですけど…。
どうしてこうなっちゃったかというと、アツアツを紙皿にのせて固まったものをいただいたんで、ひっくり返したら、ホットケーキになっちゃった!

さて、昨日のポレンタ仲間は何かというと、genitori del oratorioといって、genitori とは親のこと、oratorioとは、ちょっと説明しにくいので辞書で調べると『教区教会に隣接した青少年の集会所』とあります。つまり、genitori del oratorioとは、その青年会の親の会ってことです。
その青年会に私の娘が所属しているので。

イタリアのカトリック世界では、子供たちは小学校の高学年になると、prima comunioneといって、初聖体拝領の式をあげます。イタリアを5〜6月くらいに旅行していてると、まるでウエディングドレスみたいな衣装を来た女の子や、きちんとネクタイをしめて正装している男の子などが、同じく正装した大人たちに囲まれて歩いていたり、あるいは、レストランで盛大に食事をしている光景を見かけたことがありませんか?

そしてその儀式を受けるためには、たぶん地区によっても多少違うのだと思いますが、ここでは2年間、キリスト教の教義を習うために週一回教会に通い、日曜日のミサにも必ず通わなければなりません。
こういう地域での教会の活動に、密接に関係しているのがoratorioと呼ばれる青年会。ミサが終わった後に、ボランティアの青年たちが子供たちを集めて、遊んだり、歌ったり。ときには一日かけて遠足に行ったり、夏にはキャンプをしたりもします。
そう、ボーイスカウトみたいな感じですね。

この青年会が実にスバラシイ。ボランティアの若者たちは、本当によく子供たちのめんどうを見てくれて、子供たちも大喜びで彼らに親しむ。こんな若者たち、こんな地域のつきあい方、今の日本にはもうあまりないだろうなっていつも思います。そんなわけで、prima comunione が終わっても、子供たちは青年会に行きたいが為に、毎日曜欠かさずミサにでかけます。

で、きのうの仲間たちは、その子供たちの親の会。主な活動は、バザーを開いたりなどのボランティア活動ですが、ここはイタリア、きのうのようにただ集まって楽しんで友好を深める、という催しも有り!

あ、ところで私は、カトリックでもなんでもないんです。よくいる無宗教の日本人。
そんな私がなぜ参加できるかというと、ここの神父さんは、本当に心持ちの広い方で、仏教徒だろうがイスラム教徒だろうが、人に愛を伝えること、貧しい人や苦しんでいる人を助けるために協力しあうことにそんなことは関係ない、とおっしゃる方なんです。
子供たちとも一緒になって本気で遊ぶ、ちょっと変わった神父さんでもあるんですが、彼を慕って、たくさんの大人たちがこの会に参加しています。
ちなみにもうひとり、私の他に、ナイジェリア人のイスラム教徒のおじさんも参加してますヨ!

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-02-01 08:14 | 毎日