タグ:器 ( 5 ) タグの人気記事

イスラム陶器 青の神秘

d0208226_6213557.jpg

色彩豊かなマヨルカ陶器も魅力ですが、こんな感じの青いイスラム陶器にも心が揺れます。
これは近所に出ていた露天で見つけたもの。黒人さんが売っていたので、イスラム陶器といってもアフリカのもので、中近東のものではないのかも?

でもちょっとウズベキスタンのリシタン陶器に似てないかなあ、なんて勝手に思ってます。
そして、もともと日本の染め付けや印判が大好きだったのと、
新しいキッチンが、こんな青々したタイルでできているせいか、よけい青に惹かれる今日このごろ…。
d0208226_6222761.jpg

このキッチンのタイルは、前にも書きましたが、アマルフィー海岸南端にある陶芸の街、ヴィエトリスルマーレのもの。
南イタリアのマヨルカは、スペイン経由のものの影響もあるけど、イスラムから直接入ったものもあるので、やはりちょっとアラブっぽいような、異国っぽいような柄もあるんでしょうね。

もともとどうゆうわけか、そのものズバリではなくて、いろんなものがミックスされた、料理で言えば無国籍料理みたいな感覚が好き。(無国籍…根っからのボヘミアンなんだな、私は)
なのでインテリアにしても、すべてモダン、あるいはすべてアンティーク、は息が詰まる。
混沌といろんなものがうまく混ざり合っている状態がいい。

とかいっちゃって、実はそれがいちばん難しいテクニックで、偉そうなことをいうわりには、全然極められないんですけどね、我が家!
d0208226_623461.jpg

この写真は、インテリア雑誌からとったもの。私が今、すごく惹かれるキッチンテーブルのイメージです。
かしこまったテーブルクロスとかはなくて、むき出しの大理石のテーブル、食器は青を基調としているけど揃ったものではなくて、柄は皆バラバラ。カッコイイ…。

❉イタリア国内に数々ある、マヨルカ陶器の街を回ったときの旅エッセーを連載しています。ご覧下さいませ!
「イタリアあっちこっち陶器の街」

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-03-11 07:03 | 毎日

マヨルカ陶器 ヴィエトリ スル マーレ

d0208226_6245150.jpg

リビアの情勢は、ますます芳しくない方向に行ってますが、我が夫の運命はいかに!

ま、それはさておいて、マヨルカ陶器第2弾です。
イタリアの素朴なトラットリーアなどで、こんな絵柄の食器を見かけたことのある人も多いのでは?

これはアマルフィー海岸の南寄りにある小さな街、ヴィエトリ スル マーレのSOLIMENE社の代表的絵柄です。
とぼけた感じのアニマル模様が、妙にかわいい。
色もカラフルではあるけれど、彩度を抑えた色調が、甘ったるくなり過ぎずにいい。
私が持っているこの楕円形の器数種は、ちょこっと残ったものを入れておくのに、とっても重宝します。

ヴィエトリ スル マーレは、街そのものが陶器!ってくらいの陶器の街。
アマルフィー海岸を訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみて下さい。おすすめ度、大です!

❉イタリア国内に数々ある、マヨルカ陶器の街を回ったときの旅エッセーを連載しています。ご興味のある方、ぜひご覧下さいませ!
「イタリアあっちこっち陶器の街」

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-02-21 06:25 | 毎日

マヨルカ陶器

d0208226_345960.jpg

最近私のまわりでひそかなマヨリカブーム?
というか、マヨルカのおかげでなんとなく輪が広がっている、という不思議な現象が…。

そこで、私の持ってるマヨルカ陶器の食器を、これからときどきご紹介したいと思います。

これは、フィレンツェに住んでいるときに買ったもの。
もう15年くらいたってるかなあ。
ちょこっと温野菜のせたりするのにちょうどよい大きさで、しょっちゅう使っています。
なもんで、ちょこっと欠けたりしてますが、マヨルカって、欠けても味があっていいから好き。

この模様は、たぶん孔雀の羽模様?
だとしたら、デルータあたりで作られたものかなあ?
買ったときは、どこで作られたものかなんてことには、まだ興味はなかったので、よくわからない。

ああっ!!私がコレ書いてるうちに、だんなが最後に残った私の愛飲ワイン開けて飲んでるし!

では、マヨルカに興味のある方、こちらに、いらしてね!
陶器の街を旅したときのエッセーのせてます。

最近お友達に加えていただいた、CONLEMANIさんのブログ『ものづくり日記』にもぜひどうぞ!

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-02-11 03:21 | 毎日

オールドパイレックス

d0208226_1812087.jpg

我がキッチンの最近の大ヒットは、この古い水色のパイレックス。(写真へたくそでスミマセン)

クリスマス休暇にだんなの実家に里帰りしたときに、サラおばあちゃん(義母)からもらったもの。
でもきのう、なんとなく気になってネットで調べてみたら、これって実は、年代物じゃないの! 4〜5千円くらいの値段がついてる!

これは、オールドパイレックスの、50年代に作られたバタープリント、またはアーミッシュ柄ともといわれるシンデレラボールなんだそうで(なんで、シンデレラボールって呼ぶのかはよくわかりません???)、取っ手のようなものの大きさが左右で違っていて、小さい方は、注ぎ口みたいになっている。

パイレックスの年代物は、アメリカンヴィンテージで、ファイアーキングの次くらいに人気があるらしい。
(ファイアーキング!これもかわいいよねえ。青いスマイルマークのマグ、欲しいなあ…)

いや、でも、もらったときは、そんなことはつゆとも知らず、サラおばあちゃんもまさか“売れるものだ”とは全く知らない様子で、 “どうしようもなく古いもの”くらいの感覚で、いつも惜しげもなくサラダとかに使ってました。

私は、前々から、かわいいかわいいと思っていて、去年の引っ越しで、我が家のキッチンがブルー系になったので、この色はぴったりだわ!と思い、今回の里帰りでおばあちゃんに「いつか、要らなくなったら、ちょうだいね」と、おねだりしたのでした。
おばあちゃんは案の定「こんな古いもののどこがいいの? あげるわよ持ってお帰り」と、すぐくれちゃった。

これが年代物だと知ったら、返せっていうかしら?

d0208226_1823930.jpg

本来はこんなふうに4個セットで売ってたのかな?
ほ、ほ、ほしい〜!
Web Shop Kino-Shopさんから画像、お借りしました)

ちなみに私のは2番目に大きいMサイズ。
ちょっとしたサラダや、実はラーメンどんぶりにもちょうどいい!


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-02-03 18:09 | 毎日

コーヒーカップ

d0208226_2115620.jpg


きのうは、オスティア&オスティア郊外に住む日本人のお友達で集まって、日本食レストランで楽しく新年会を開きました。
それぞれだんなさん連れだったり、子ども連れだったり、おなかの中のベビーちゃん♡連れだったり…。
海外生活はストレスのるつぼ。たまにはこうやって、皆で集まってストレス発散です。

終わったあとに、参加して下さった方からこんなメールが…。

たくさんのお友達(しかもイタリアにいて)日本人のお友達と交流が出来るという事は、とても心強いことです。付かず離れずで、長い交流が続きますように!!

彼女は在住35年の大先輩。飾りけのないとてもシンプルな言葉。でもずっしりくるいい言葉です。

で、この写真。何の関係があるの?ってお思いでしょうが、きのうその方が、遅ればせながらと私の子供たちへ下さったクリスマスプレゼント。このカップの中にチョコレートがいっぱい入ってました。
あんまりかわいいので、私が横取り!
ブルーを基調にしている我が家のキッチンにもぴったりだし、
これでやっと、欠け状態のイケアのカップから解放だわ!

というワケで、おニューなコーヒーカップでの朝食風景でした。



❉作品をのせているサイト『笑う月』にもぜひ遊びに来て下さい。 www.nastuki.deseptis.com

[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-01-24 21:37 | 毎日