タグ:日々 ( 95 ) タグの人気記事

厄よけイタリアン

d0208226_2318555.jpg

今日から子供たちの学校が始まった。
自分の時間がもてるうれしさ半分、送り迎えのしんどさ半分。

息子はゆうべ、指のギブスをはずしてお風呂で一緒にリハビリ。
1、2、3、4…開いたり閉じたり。

「ちゃんと動くね、よかったね」と、思わず涙ぐんでしまった。

上の写真は、イタリア人の友人が贈ってくれた厄よけ
縁起稼ぎの赤とうがらしがついている小さな帚。
玄関に飾って、悪い事を外に吐き出すんだそうです。

浸水、息子の骨折と、あまりにイヤ〜なことが続いて起こったので、見かねて贈ってくれました(笑)
厄よけさん、1年間よろしく頼みますヨ♡


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-01-09 23:28 | 毎日

デコレーション2012

d0208226_22474531.jpg

めずらしくBARでケーキを頼んだら、こんなデコレーションが…。
今年は2012年なんだなあ、と改めて納得してしまった。


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-01-08 22:50 | 毎日

モザンビークはバカンスの香り!?

夫から送られてきたモザンビークの写真。
どう見ても、バカンスを楽しんでいるとしか思えないのは、私のひがみ!?
d0208226_3191285.jpg
d0208226_3181952.jpg
d0208226_3174743.jpg
d0208226_3171850.jpg

でもこの映像は、よくわからん。
靴がいっぱいぶる下がってるんだよね。
d0208226_3202476.jpg


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-01-08 03:21 | 毎日

ラ ベファーナで締めくくり!

d0208226_232088.jpg

きのうやっと手に入れた新しいカレンダーをめくったら、1月6日が祝日になっていた。
あれ?ベファーナって7日じゃなかったっけ?
やっばーい!靴下に入れるお菓子、用意してなかった!!

あいかわらずそそっかしい私。
大慌ててでスーパーにチョコだのキャンディーだの買いに行きました。

そう、1月6日は、ベファーナというおばあさん(なぜか非常に醜い!)が帚にのって家々を回り、子供たちに、靴下に入ったお菓子を配る日。

我が家では、子どもたちそれぞれに決まった靴下があって(上の写真。メモには名前が書いて貼ってある)、それを寝る前に窓の前に置いておく。するとおばあさん(←つまりワタシのことですネ)が夜中にこっそりお菓子を入れてくれて、子供たちは目覚めと共に、窓際まですっとんでいく。

1年間いい子でなかった子どもには、お菓子のかわりに炭を入れられちゃうので、子供たち、けっこうこれをマジで信じるんですねえ。
6歳の我が息子も、炭が靴下に入っていないかどうか気が気でない。12歳の娘はさすがにもう信じませんが、とりあえず今年も2足用意しときました。
d0208226_2333127.jpg

ああ、これで、クリスマス行事完了〜!
お疲れさまでした〜〜〜


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-01-07 02:40 | 毎日

なんとなく、今年の目標…

ふつうは年末になると、私も人並みに『来年の目標』なるものをチラチラと頭の中で考えるんですけど、去年は、いいことと悪いことが両極端に起こって、あまりにハードな1年間だったので、暮れを無事に過ごすことだけで頭がいっぱいで、目標なんで考える余裕まったくナシ。

で、やっとなんとか年を越して、子どもたちにも楽しいクリスマスとお正月を迎えさせてあげられたようで(息子の骨折なんておまけが付きましたが)、ホッと一息。改めて目標なるものを考えてみます。本当は、今更めんどう、という気がしないわけでもないんですが、気を引き締めるためにも必要かと…。

でもねえ、浮かばないんですねえ。まだ疲れがとれないせいか、いまいち積極性に欠けるんだなあ…と思いながら今朝ネットを立ち上げると…。
私のパソコンは立ち上げると、勝手にGoogleのニュースがアップされるんですが、そこに『急上昇ワード』というのがあって、今日のはナンバーワンは『さんまのまんま』
イタリアにいるからぜんぜん見てないけど、さんまさんとゲストのやりとりがとにかく楽しい番組。

で、この『さんまのまんま』ってタイトル、よくできてるよなあ、いい語呂合わせだよなあって思って、なにげに自分の名前に置き換えたら『なつきのまんま』かあ、って思って、まったく語呂は合わないけど、あ、これいい!これ、今年の目標にしよう!!となりました。←相変わらずいい加減な性格。

去年は、かなりいろいろ新しいことを始めたので、別にムリしたわけじゃなく、自然の流れにそってみたら結果がそうなっていた…という部分が多いのですが、せっかく始めたことだから、今年も続けていこう。ムリせず、自分らしくを目標に…。

でも、それじゃ『自分らしくっていったいどういうの!?』っていう、永遠の課題も浮かんできてしまうのではありますが…。
まっ、あまり気にせず、雰囲気でねっ!

d0208226_20291765.jpg


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-01-02 20:31 | 毎日

明けましておめでとうございます

きのうの夜の友人宅で。
チェノーネ(大晦日の晩餐)のセッティング
d0208226_23113420.jpg

よくよく見ると、キラキラしたものがテーブルにいっぱい。
d0208226_21124882.jpg

さんざん食べたあとは、オスティアのアンコマルツィオ広場で行われたコンサートへ。
d0208226_2123815.jpg

音楽聞きながら、皆で花火。
d0208226_2134851.jpg

カウントダウンが始まり年が明けると、ピクニックみたいに家から持って来たスプマンテを開けて、

『AUGURI!!!!!』
d0208226_2154729.jpg

それから海辺まで散歩すると、LANTERNA CINESEとかいう赤い提灯がぽわ〜んと浮かんでいて、海を真っ赤に染めてました。
d0208226_219941.jpg

今年はどんな1年になるのかな?


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2012-01-01 21:20 | 毎日

モザンビークの海賊!?

1ヶ月前の夫婦の会話

夫「モザンビークに出張になった」
私「え?モザンビークってどこだっけ?」←思い切り無知。
夫「アフリカだよ」といって、グーグルマップで見せてくれる。
私「あら?マダガスカル島の真ん前じゃない。マダガスカル島ってこんなに大きかったのねえ。なんだか楽しそうじゃない?」←思い切りアニメの『マダガスカル』に影響されている。
 「それに、今は夏でしょ?たまには船から飛び込んで、泳げるじゃない?」
夫「バカいえ。このあたりの海には海賊がうようよいるんだぞ」
私「海賊…???」

d0208226_681912.gif


そうなんですねえ。
いろいろ調べると、モザンビーク沖にはサマリアの海賊がいっぱいいるんですねえ。

寺島紘士さんという方の今年7月27日に書かれたブログによると、

7月14日、今年の前半6カ月間において世界の海では266件の海賊事件が発生した
〈略〉

この266件のうち、60%は、いま世界を騒がせているソマリアの海賊によるものである。6月30日現在でソマリア海賊は、20隻の船舶と420人の船員を抑留し、その解放と引き換えに数百万ドルの身代金等を要求している。
〈略〉

しかし、他方で、ソマリア海賊は、取締りの緩い海域へと行動範囲を拡大しており、ソマリア・オマーン・イエメン沖、アラビア海、インド洋、ケニヤ・タンザニア・モザンビーク・マダガスカル・セイシェル・西インド・西モルジブ沖などの水域にまでその活動を拡大しており、これらの海域での海賊事件は、2009年前半44件,2010年前半51件だったのに対し、2011年前半は125件と急増している。
さらに、紅海(2009年前半0,2010年前半14件、2011年前半18件)などの海賊事件もソマリア海賊によるものとされている。

ソマリア海賊の最近の特徴として、従来は出撃しなかったモンスーンシーズンの荒れたインド洋にも出てくるようになったこと、新鋭武器を使って攻撃が荒っぽくなり、かつ高度に組織化されてきたことなどが挙げられている。

このように、ソマリア海賊の活動は依然として収まる気配を見せていない。この問題の解決のためには、各国艦船によるパトロールの強化のような現場海域での対応はもちろん重要であるが、加えて、海賊の処罰のための法執行・司法処理に関する各国及び国際機関の協力強化、身代金授受・マネーロンダリングを担う組織犯罪対策に関する国際協力、そして何より、ソマリアの国内の安定化へ向けての国際社会の協力強化など、幅広い取り組みが求められる、と思う。
〈略〉

海賊は、法秩序維持の力が弱いところを狙って出没するといわれている。油断しないで状況をきちんと監視して、各国が協力して、海賊事件増加の要因を、まだつぼみのうちに摘み取ることが肝要である。(了)

こわーい!

この会話を聞いていた子供たちは、映画『パイレーツ オブ カリビアン』に影響されていて、
「本当!?いいなあ、海賊だって、かっこいいー!!」だって。

人質に取られたら、誰がお金払ってくれるんですかね?うち、お金ないっすよ。



❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-12-30 06:13 | 毎日

サンタクロースはいつ来るの?

d0208226_019347.jpg

日本ではもう早々とクリスマスの飾り付けはしまってしまうと思うんですが、ここではベファーナのお祭り(1月7日)まで出しっ放し…ってことで、またちょっとクリスマスのお話しを。

皆さん、サンタクロースっていったいいつ来るんですかね?
イタリアでは、サンタ、サンタって騒いでるわりには、家庭によって来る日も来る状況も違って、なんか毎年困るんです。

私が知っているサンタといえば、イブの夜に、子供たちが寝ている間にやってきて、ツリーの下にプレゼントをおいていく。だから子供たちは25日の朝にプレゼントを開ける。これが基本ですよねえ?

ところが例えば義父母の家では、サンタを待ちきれなくて、24日の晩餐前にさっさと開けてしまうんですねえ。というか、家族からのプレゼントはサンタとは別物で、先に交換してしまうんです。
そしてサンタはというと、晩餐の途中で誰かがこっそり玄関にでて、プレゼントを置いてチャイムをピンポ〜ン!と鳴らし、玄関をしめる。
そしてなにくわぬ顔で、子供たちに「あっ!誰か来たっ!サンタかもしれないぞ!」と知らせる。子供たちはパッと顔を輝かせて玄関まで走り、一気にドアを開ける。するとそこにはプレゼントがおいてある…。
でもサンタさんはすごく忙しくてさっさと行ってしまうので、そこにはいないわけ…。

ところが去年のこと、ノンノ(おじいちゃん)がサンタに扮装することになって、ピンポ〜ン!と共に、変装ノンノがサロン入って来た…。
でもさあ、今時の子どもって、こういうの、すぐ解っちゃうんだよねえ!
我が息子も後で私にいったもの。
「あのサンタさん、なんかへんだった。ノンノと同じ靴はいてたもん…」

で、今年。
今年は友人宅で祝ったので、そこの家の風習に従うことに。
この家では、親戚一同が25日のランチに集まるので、サンタはその日の午後にやってくる。

「サンタさん、まだ〜?」と、1時間おきに質問する子供たちに、大人たちは「サンタはまずローマ市内でプレゼントを配って、それからだんだん郊外に来るから、オスティアは夕方よ〜」とか、わけわかんないこといっている。
そしてやっとサンタ登場!ってことで、またまた叔父さんが変装してピンポ〜ン!ってやったわけだけど、息子もそのお友達も一目でそれを見破った…。

だからさあああああ!私、この変装サンタっていやなのよおおお!
やっぱりサンタは寝ている間にこっそりやってくるのが、夢をこわさない一番の方法だと思う訳ですよ!

帰り道、またまた小首をかしげていた息子に、でも娘がウマいことをいった。
「あのサンタはね、確かに本物のサンタじゃなかったけど、あれはね、サンタさんのお手伝いさんなのよ。サンタさんは世界中の子供たちにプレゼントを持って行かなくちゃならないでしょ? でも、とってもひとりではムリだから、ノンノとか叔父さんとか、いろんな人に手伝ってもらうのよ」

息子はしっかり納得してた。
あっぱれ、おねえちゃん!

❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-12-30 00:40 | 毎日

D di Domodossola......

明日、息子の指の検査をしに整形外科にまでいく。
それにあたって、ホームドクターにricettaなるもの…あれ?こういうのはrichiestaっていうのかな?…ま、とにかくこんなようなものを出してもらい、電話を入れ予約をする。

そういう作業が実は私、大の大の大の苦手っ!

まず、電話をすると、録音されたウツクシイ声で『ナントカをご希望の方は1を、ナントカをご希望の方は2を押して下さい』とかいうのが流れてきて、それを読解するのに一苦労。気合いをいれて聞かないと、何回も電話するハメになる。

なんとか先に進んで、長いこと待たされてやっと人がでると、今度は子どもの名前をいうのに一苦労。
なにせ、だんなの苗字は『DE SEPTIS』とかいって、イタリアでも珍しく、しかも発音しにくく、皆よく解ってくれない。(私の苗字の方がよっぽど知られている)
そこで、「スペルをお願いします」ということになって、
そうなると、もうアカン!

「D di Domodossola, E di Empori, spazio, S di Siena....」
ドモドッソラのD、エンポリのE、スペース、シエナのS.....

つまり、もし私の苗字『スズキ』だったら、
「数寄屋橋のス、逗子のズ、桐生のキ......」
なあんて感じで、延々とアルファベットに対応する地名をいわなくちゃならない。

忘れちゃうんだよねえ、これを!
「えーと、P…、Pはどこの街だったっけ? ああ、思い出した、パレルモのP!でもって、Tは、えーと…ティーボリのTだっけ?」
なんて、最後までこんな感じ。

一時は電話の近くに、書いて貼っておいたものでした(笑)

こんなことを書いていたらチビが、机の下から手を出して…。
ぎゃ〜、コブラ!!
d0208226_1341624.jpg

男の子のやることはさっぱり解らん…。
d0208226_1353787.jpg







❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-12-29 01:40 | 毎日

クリスマスツリー

街はすっかりクリスマスシーズンです。
イタリアでは、12月8日の祝日の日にツリーを飾るという習慣があるのですが、我が家は一足早く、本日飾り付け終了〜

実は、今年はもうクリスマスなんてどうでもいい気分だったんですが、きのうからだんながモザンビークに長期出張、クリスマスも帰れるかどうか…。
そんなんで、チビが悲しがってしかたないので、早々に飾り付けて気分を盛り上げることに。

で、これが去年までのツリー。もうしっかりお子様使用になっている!
d0208226_5444325.jpg

でもさすがにもう飽きたので、気分転換、今年からはまたシックにしようと、チビの承諾もとって、ぬいぐるみ関係や赤いものをすべてはずしてみら…
d0208226_546194.jpg

あらら、これじゃいくらなんでも寂し過ぎ〜。

で、チビと一緒にobsへオーナメントを買いにいき、あれでもない、これでもないと30分くらい悩んで(ホントに悩む!)、買い足したのが、このシルバーの結晶型と、ビーズの数珠つなぎみたいなヤツ。
d0208226_5473999.jpg

この雪だるまさんは、去年お友達にプレゼントしようと思って買ったのに、渡し損ねてしまったもの。これは色合いがシックなので、このまま使用することに。
d0208226_5481750.jpg

で、できあがったのがこちらです。
d0208226_5491182.jpg

ポッコリ隙間もあったりして、まだまだ完成ではありませんが、ま、とりあえずは満足〜!

そうそう、外されてしまったぬいぐるみたちは、どうしようか…。箱の中に逆戻りではかわいそうなので、子ども部屋に飾ろうと思います。


❉my web site『Luna che ride-笑う月』

❉絵画販売 web shop site
『SALONE』
[PR]
by natsuki-suzuki | 2011-12-05 06:01 | 毎日